OSの最近のブログ記事

iOS 12で能力向上する理由

iOS12 のパフォーマンスの改善は、省電力制御の見直しによるパフォーマンス向上のようです。

アプリの起動時など、処理能力が必要だとiOS12が判断したタイミングでと、直ちに省電力モードを終了しCPUの処理能力を上げます。

処理能力が不要になったと判断すると、CPUを省電力モードに戻します。

iOS12は、遅延なくブーストするので、徐々にクロックを上げてジワリと処理能力を上げる従来のiOSより、快速になります

Androidのパッチ提供の義務化をOEM契約に盛り込むとGoogleが発表しています。

Googleが提供する月例セキュリティパッチを配信するかしないかは、OEMベンダーの自由でした。
このため、大部分のAndroid端末がセキュリティパッチを網羅していない状態で、ほとんどのベンダーにパッチの抜け落ちが有る状態です。

欠落していたパッチの数 (Security Research Labs の調査)

  • 0-1--Google, Sony, Samsung, Wiko Mobile
  • 1-3--Xiaomi, OnePlus, Nokia
  • 3-4--HTC, Huawei, LG, Motorola
  • 4以上--TCL, ZTE

セキュリティ確保のためにはパッチは必要ですが、パッチの適用では問題も起きています。

パッチにより着信拒否ができなくなる

Android Pの法人向け機能

Googleが、Android Pの法人向け機能をブログにアップしました。 

今までのAndroidには無かった法人の業務用端末としての以下のような機能が搭載されます

  • 複数ユーザでの端末共用をサポート
     (OSへのログイン、ログアウトでユーザー切り替え)
  • 端末を管理する管理者と、権限を制限された端末の利用者の分離
    (異なる権限を持つ別々のPINで端末にログイン可能 )
  • 端末の私的使用と、業務での使用の切り替え
  • アプリ内での業務アカウントと個人アカウントの切り替え
    (ログイン・ログアウトやアプリの再起動等は不要) \\
  • 個人プロファイルと業務プロファイルに有効期限を設定可能
  • 端末を特定してセキュリティを確保することが可能なAPIを用意
  • 特定用途専用端末しての利用可能な、KIOSKモードをサポート
    (利用できるアプリを限定しすることにより、単機能端末として利用可能 )

Windows 10 mobile終了

Windows 10 mobileの新機能追加を終了し、今後はバグ修正とセキュリティアップデートだけになるとマイクロソフトの副社長Joe Belfioreがツイートしました。

マイクロソフトからの公式情報やコメントは無く、Windows 10 mobileの新機能というページも今はまだあります。

2016年2月のVAIO Phone Biz発売の際には、「今回はハシゴ外しません」と日本MSの平野社長が発言しています。1年半でハシゴが外れるのかどうか不明です。

GoogleがAndroid端末を認証

google-play-protect.png

Android端末の認証制度をGoogleが発表しました。

Andoroid搭載スマホやタブレットを、Certified Android devices として、試験し認定します。

認定された製品のパッケージには、Google Play Protect のロゴが表示されます。

Certified Android devices認定の条件

Android、iOS 以外は絶滅寸前

世界のスマホOSのシェア(台数ベース)

AndroidとiOSの合計がスマホ用OSの99.6%になりました。

Gartnerが発表した世界のスマホ市場2016年第四四半期の数値を見ると、2016年4Q には4.3億台のスマホが販売され、そのうち99.58%が、Android か iOSを使っています。

Android と iOS 以外のOSのシェアは合計で0.42%まで減少しました。

1年前の2015年4Q は、Android + iOS 以外のOSのシェアは、合計で1.54%ありましたが、1年で0.42%まで減少しました。

グラフにすると小さすぎて見えないので、グラフはY軸(シェア)を対数目盛にして、拡大しています。

スマホ用OSとしてのWindowsは、シェアが.09%から0.25%に下落し1年でシェアが4分の1になりました。

Blackberryは、0.22%から0.005%になり、ほぼ消滅です。


iOS10、RAWファイル対応

iOS 10でA8/A9以降のCPUを搭載した端末でのRAWイメージのサポートがされました(What's New in iOS10)。

RAWでの撮影に対応するiPhoneは、iPhone 6s / 6sPlus, SE, 7 / 7Plus です(iOS Device Compatibility Reference)。

RAWファイルは、JPEGファイルより1桁ファイルサイズが大きくなります。

RAWファイルで撮影するアプリを使って写真を撮影すると、大容量データ通信プラン(ギガモンスター、スーパーデジラ、ウルトラシェア)で使えるデータ量20GBでも、数百枚の写真で使い切ってしまうサイズです。

高画質記録とファイルサイズ

Android 7.0 Nougat へのアップデート開始をGoogleが発表しました。

Googleが発表したAndroid 7.0 の主な特徴

絵文字の拡張が続く

iOS 9.1がリリースされ184の絵文字が追加されました(追加されたemoji)。

iOS 9.1で追加されたのは、iOSでは未サポートだったUnicode7.0と8.0の絵文字の一部です。

ユニコードコンソーシアムは、ユニコードの全絵文字一覧を公開しています。

Unicodeの絵文字は拡張が続いています。

Android 4.0 卒業のススメ

Android 6.0 Marshmallow搭載端末がリリースされ、Androidの世代が新しくなりました。

Androidは、最低でも2世代サポートするというAndroidのセキュリティ担当エンジニアの投稿があります。

サポートが保障される2世代が、Android 5 LollipopAndroid 6 Marshmallow の2世代となると、Android 4.0 Ice Cream Sandwichのサポートはベストエフォートになってきそうですので、Android 4.0からの卒業準備を進めたほうが良いようです。

AndroidのEnd of Life

最近のブログ記事

Windows PhoneもWindows10へ
h3{ font-size: …
Firefox OSにLINEや楽天
h4{ font-size: 12…
Windows Phoneのシェア前年比180%
NokiaがMicrosoftに買収され…
カスタム検索

月別 アーカイブ