プロセッサの最近のブログ記事

自動車用Snapdragon 発表

自動車用のSnapdragon、Snapdragon 820 Automotiveを、Qualcommが発表しました。

自動車用として、V2X用に 802.11p による DSRCをサポートしていることが特徴です。

Androidスマホにも64bit機登場

64bit-snapdragons.png

Androidスマホにも64bit 機が登場します。

64bitプロセッサ内蔵のSnapdraon 615を搭載したDesire 820 が9月4日発売になると報道されています

昨年iPhone5s が64bitチップを搭載して発売されましたが、Android機はHTC Desire 820が初になります。

Snapdragon 615

CP-PACS_JETSON-TK1.png

15億円かけて開発した日立のスパコン CP-PACS(右上の写真)は368.2GFlopsの処理能力を持つ世界ランク1位(1992年年)のスパコンでした。

これと同等の処理能力、300GFlopsを持つシステムが、2万4000円で手に入るようになりました。

nVIDIA のJetson TK1(右の写真)は、300GFlops以上の処理能力をもちながら、 価格は2万4000円(税抜き)です

300GFlopsのスパコンの価格が18年で6万分の1になった計算になります。

2万4000円ですが、Jetson TK1は、nVIDIAのCUDA Coreを192基も搭載しています。

モバイルにもnVIDIAのCUDAコア

8コアCPU搭載スマホ

Smartphone-with-8core-cpu.png

スマホのCPUが8コア化が始まりました。

8コアCPU、MediaTekのMT6592を搭載した、Panasonic P81がインドで発売されました(Panasonic Indiaのツイート)。

8コアCPU搭載CPUは、続々と発売れています。

今のところ、これら8コアモデルは、全てMediatek の MT6592を搭載しています。

Qualcommも、8コアCPU Snapdragon 615 を14年2月に発表済みで、14年4Q発売とされていますが、まもなく商用生産開始という報道もあります。

8コアCPUはミッドレンジ

8コアのMediatek のMT6592 を搭載したスマホは、最上位機種種ではなく、ミッドレンジになっています。Snapdragon 615 もミッドレンジのスマホ向けCPUです。

4コアのSnapdragon 805が、8コアのSnapdragon 615の上位製品として位置づけられてもいます。

ハイエンドは4コア

ソニーの2014年夏モデル Xperia ZL2 は4コアのSnapdragon MSM8974AB、SamsungのGALAXY Jも 4コアのSnapdragon MSM8974です。

次期iPhoneに搭載されるCPUも4コアのApple A8 という噂です(iPhone 5s のCPUは、2コアのApple A7)。

CPUコア数が少ないCPUがハイエンド用として高性能になっていいるのは、ミッドレンジ用8コアの使い方と、構成に起因します。

Media TekのMT6592 の構成

Qualcommが、Snapdran 800と600を発表しました。

Snapdran 800のWiFiは802.11ac対応なので、スマートフォンのWiFiがギガbps級になります。

主な新機能

  • LTE 150Mbps(Cat.4 )対応
       Snapdragon S4のLTEはCat.3下り100Mbps
  • IEEE802.11ac 対応
       Snapdragon S4は11n(450Mbps) 対応
  • USB3.0(5Gbps)対応
        Snapdragon S4は、USB2.0で480Mbps対応
  • 計算能力75%UP(S4比)
  • グラフィック処理能力2倍(S4比)

Snapdran 800の市場投入は2013年夏のようなので、秋冬には150M LTE とギガWi-Fiに対応したスマフォが発売されそうです。

プロセッサ比較

マイクロソフトの独自タブレットSurfaceに、IntelのCore iシリーズ搭載モデルもあるらしいので、
プロセッサの処理能力(FLOPS)を比較してみました。
CPU比較.png
AMD Phenom X6 1055T にTDP95W版がでました。消費電力が125Wから95Wに下がった以外は仕様に変化なしです。
AMDの
スペック
Clock
(GHz)
L2 L3 対応メモリ



HT


コア


T
D
P
 
通常 TB KB MB DDR3- GT/s ch
Watt nm
x6 1090T
3.2
3.6
512×6 6       1066/1333
AM3 4.0
2
6 6 125 Thuban 45
x6 1050T
2.8
3.3
512×6 6
      1066/1333
AM3 4.0 2
6
6
125
Thuban 45
x6 1050T 2.8
3.3
512×6 6
      1066/1333
AM3 4.0 2
6
6
95
Thuban 45

Phenom X6 とIntel Core i7を、ベンチマークのスコアで比較するとIntel Core i7下位に食い込む程度のです。そのPhenom X6 が今回、低消費電力になり、オーバークロックがしやすくなっています。
オーバークロックがしやすくなっています。頑張るとノーマルの980に迫るところまではいくようです。

電圧いじらなくても、倍率16.5倍、ベースクロック205MHz、CPUコア3.38GHzくらいまではOCできるようです。

 性能
比較
Cine
Bench
11.5 CPU
3DMark
Vantage CPU
Cine
Bench
R10 1CPU
Cine
Bench
R10 xCPU
Mandel FPU Whetstone
iSSE3
Float x8
iSSE2
Excel 2007
Monte Carlo
Far
Cry 2
1680 x 1050
i7 980 8.90 31,919 4,913 28,053 11,240 110.2 2.65 8.50 74.3
i7 975 6.00 21,116 4,409 19,957 8,010 79.3 3.71 11.98 76.0
i7 965 4.82 21,142 4,104 17,072 7,680 75.0 12.70 73.7
i7-930 5.00 17,589 4,368 16,866 6,716 63.0 4.47 14.10
i7-860 5.15 18,831 4,054 15,927 6,420 60.3
15.00 72.0
i7-920 4.83
17,100 3,466 13,855 6,268 63.2 5.07 14.65 68.0
i5-870 3.82 12,779 4,100 13,811 5,765 35.4 5.44 19.68 72.0
X6 1090T 5.75 16,410 3,561 16,366 7,982 57.2 6.11
17.98
51.9
X6 1055T 4.93 14,522 3,434 14,732 7,009 48.5 6.96
20.17
45.1
2GHz動作のCPUを搭載したスマートフォンがをモトローラが年内に発売(PC Worldの記事)するそうです。
数々のスマートフォンで採用されているQualcommのCPU「Snapdragon」にデュアルコア版がでました。
発表されたのは、MSM8260とMSM8660の2種類です。2種類とも、CPUに加え、GPUと無線部をチップ上に持っています。MSM8260とMSM8660の違いは、無線部です。

主な仕様は以下のとおり。

CPU(MSM8260/MSM8660共通)
  • DUAL CORE
  • 動作周波数:1.2GHz
GPU(MSM8260/MSM8660共通)
  • Open GLES 2.0およびOpen VG 1.1 対応GPU
  • 1080p動画encode/decode
  • WXGA 1280 x 800 r 24-bitカラー対応
無線部
  • MSM8260
    無線:HSPA+対応
  • MSM8660
    無線:HSPA+、CDMA2000 1xEV-DO Rev. B に対応(マルチモード)
世界最高水準の2.4PFLOPSのスーパーコンピュータを、NVIDIAのグラフィックチップで作るそうです。

使うのは、GeForce GTX 400シリーズのグラフィックボードに搭載されている"Fermi"アーキテクチャのGPUです。

最近のブログ記事

Intelスマートフォン向けCPU Atom Z6xxリリース
Intelが、スマートフォン向けのプロセ…
IntelのLGA1156の構造的問題
Phenom x6 と Intel Co…
Phenom X6 1090Tと Phenom X6 1055T のベンチマーク
6コアCPUが普通の値段でAMDが今日か…
カスタム検索