RAN/無線の最近のブログ記事

2017年はeMTCとNB-IoT

IoT向け通信の高度化について2016年11月29日ソフトバンク株式会社

IoT用無線方式の検討を総務省の新世代モバイル通信システム委員会で行っています。

ソフトバンクは、<今回導入したいIoTシステム>として、「 eMTCインバンドNB-IoTガードバンドNB-IoT」を明記しています(右のスライド)。

ドコモやKDDIが総務省に提示している資料でも eMTC(CAT-M1)、インバンドNB-IoT、ガードバンドNB-IoTのみを検討しています。
スタンドアローンNB-IoTは、紹介されていますが、検討の俎上にあがっていません。

各社とも、早ければ2017年から現在の周波数(インバンド)でeMTC(CAT-M1)とNB-IoTを、ガードバンドでNB-IoTを開始する計画のようです。

eMTC_NB-IoT_channels.png

2.5GHz帯のTD-LTEはeMTC

Bluetooth 5.0 確定仕様

Bluetooth 5 が正式に採択されたとBluetooth SIGが発表しました。

Bluetooth 5.0 の主な新機能は以下のとおりです。

  • BLEが高速化して最大速度が2倍に
  • BLEの最大通信距離が400メートルに
    • BLEの送信電力UP
    • 畳込み符号導入
  • アドバタイズの容量拡大
    • 最大31オクテットだったパケットサイズを、255 オクテットに拡大
  • 他システムと、よりスマートに共存
    • 利用可能なスロットを通知

BLEの高速化

Bluetooth 5 では、LEのデータレート最大値が、BLE4.2の2倍の2Mbpsになります。

LEのPHYへの2Mbps PHY追加ですので、従来の1Mbps PHYも使えます。

BLEの長距離化

低カテゴリLTE チップ市販

低カテゴリLTEゲートウェイ

Raspberry Pi 向けの低カテゴリーLTEチップをALTAIR が発表しました。

低カテゴリーLTE端末の自作が可能になりそうです。

低カテゴリーLTEを、LPWA用ゲートウエイトとして資料するIoT実証実験開始をドコモが発表しています。

低カテゴリーLTEチップ

ドコモ5Gトライアル

ドコモが5Gサービスのトライアル実施を発表しました(ドコモの発表、 エリクソンの発表)。

概要は以下のとおりです。

ソフトバンク350Mbpsに高速化

ソフトバンクの通信速度が下り最大350Mbpsになりました。

350Mbps化の予定は発表済みでしたが、AQUOS Xx3の350Mbps対応ソフトがリリースされたことにより、350Mbpsでのサービスが利用可能になりました。

256QAM

WiGigの認定開始

802.11ad規格に基づくWiGig機器の認定プログラム「Wi-Fi CERTIFED WiGig」の開始をWi-Fi Allianceが発表しました。

802.11ad 仕様は確定 しています。

今回のWiGigの認定開始がトリガになり、WiGig(802.11ad )対応機器の登場し、2017年はWiGigのブレークの年になるとの予測がWi-Fi Allianceの発表で言及しています。

NB-IoTまもなく商用化

NB-IoTの商用サービスを開始するとVodafonが発表しました。

2017年3月までに、ドイツ、アイルランド、オランダ、スペインでサービスを提供するとのこと。世界初のNB-IoT商用化になる見込みです。

その後、各国のVodafon網を順次NB-IoT対応にして、2020年までに全世界Vodafon網をNB-IoT対応する計画です。

既存の4G基地局のソフト更新でNB-IoTに対応できるので、一斉にNB-IoTエリア化できるそうです。

端末

2018年には5G端末

Qualcomm初の5G用周波数帯対応のX50 5Gモデムのサンプル出荷開始は2017年後半予定だとQualcommが発表しました。

Qualcomm初の5G用モデムX50 5Gは、5G用のグローバルバンド候補の1つとなっている28GHz帯に対応したモデムです。

Qualcommは、2017年後半にサンプル出荷開始し、2018年前半にX50 5Gモデム搭載の28GHz対応端末が入手可能になるだろうとしています。

3GPPが5G規格 Release 15の標準化を完了する時期にX50 5Gモデム搭載端末が入手可能になることになりそうです。

5G商用化スケジュール

ドコモが682Mbpsサービス発表

ドコモが下り最大682Mbps 対応端末を2017年3月に発売すると発表しました。

受信時最大682Mbpsのサービスも、2017年3月以降に開始するとしています。

DoCoMoの682Mbpsサービス

世界初,1Gbps LTEルータ市販

UE-Category-n-Speed.png

下り最大1GbpsのモバイルルータMR1100をQualcommが発表しました。

MR1100は、Qualcomm のLTEモデムX16を組み込んだ端末カテゴリ16のNetgear製のルータです。

MR1100は、オーストラリアのTelestraから、数か月以内に発売される見込みとのこと。

下り最大1GbpsのTelstaraのネットワークはEricssonが構築しています。

NETGEAR MR1100

最近のブログ記事

基地局をドローンで設置
ドローンで運んで屋根の上に接地する基地…
中国で5Gトライアル
中国100都市で5GのトライアルをCh…
V2X初版が完成
h4{ font-size:120%…
カスタム検索