RAN/無線の最近のブログ記事

基地局を高密度に配置してエリア品質を上げることを、エリア面積を広げて人口カバー率を上げることより優先して、ソフトバンクが3.5GHz基地局整備を行っています。

下記は、MNOが総務省に提出している「四半期報告の概要及び確認」の2017年1-3月期報告からの数値です。


ソフバン KDDI ドコモ
2017年
7月現在
特定基地局数 2,659 1,720 3,393
内高度特定基地局数 986 1 1
人口カバー率 5.2% 4.6% 9.8%
エリア内人口 659万 583万 1242万
エリア内人口1万人
あたりの基地局数
4.0 2.9 2.7
2019年
度末
(計画)
特定基地局数 23,031 16,973 17,585
人口カバー率 50.50% 51.40% 55.50%
エリア内人口 6402万 6516万 7036万
エリア内人口1万人
あたりの基地局数
3.6 2.7 2.7

これを見ると、2017年3月時点の3.5GHz帯基地局数はドコモが最多で、人口カバー率もドコモが最高です。

しかし、エリア内人口1万人あたりの基地局数をみると、ドコモ2.7局/1万人に対して、ソフトバンクは4.0局/1万人です。

ソフトバンクのほうが高密度に基地局を配置していることがわかります。

2020年度3月末の計画値も、ソフトバンク:3.6局/1万人、ドコモ:2.7局/1万人で、ソフトバンクのほうが1.3倍高密度です。

ソフトバンクが低速撲滅を目的とした品質改善策を発表しました。

TD-LTEで運用している2.5GHz帯(Band41)と3.5GHz帯(Band42ha)の品質改善対象です。

Band 42は、iPhone 8/8Plus、iPhone Xが新たに対応した周波数帯です。

Band 41には、iPhone6以降のiPhoneが対応しています。

iPhoneユーザー比率が高いソフトバンクが、Band42とBand41の両方に対応したiPhone 8/8Plus、iPhone X 発表直後に発表した品質改善策なので、iPhoneを意識した改善策だと思われます

品質改善策は、下記技術により3Mbpsを下回るような「低速撲滅」を目標としています。

  • Massive MIMO 2.0  (対象:2.5GHz帯と3.5GHz帯)
  • Distributed MIMO    (対象:2.5GHz帯)
  • MultiUser MIMO     (対象:2.5GHz帯)
  • UL MultiUser MIMO (対象:2.5GHz帯)

Massive MIMO 2.0

iPhone8,Xが対応した3.5Gの状況

iPhone8/8Plusと、iPhone Xが3.5GHz帯(Band42)に対応したので、
ドコモ、au、ソフトバンク のBand 42 の基地局数がどの程度なのかを総務省のデータから拾いました。

8月12日現在の3.5GHz帯(Band42)基地局数

KDDIも4.5GHz帯で5G

KDDIも4.5GHz帯で5Gの実証実験を行うと発表しました。

ソフトバンクの4.5GHz帯での実験と同様に、エリクソンとの共同実験です。

ドコモも、4.5GHzで5Gの実証実験を実施しています(Huaweiiの発表

5G用として新たに割り当てられる予定の4.5GHz帯の利用に向け、各社準備が進行中です。

ソフトバンク4.5GHz帯で5G

ソフトバンクが4.5GHz帯で5GのPOC(概念実証試験)を行うとエリクソンが発表しました。

4.5GHz帯は、5G用として新たに確保する予定の周波数帯です。

総務省の新世代モバイル通信システム委員会報告書には、5G用の新周波数帯について以下の記載があります。

  • 3.7GHz、4.5GHz、28GHz帯の技術的条件を2018年夏頃までに策定する
  • 28GHz帯で最大2GHz幅、3.7GHz及び4.5GHz帯で最大500MHz幅を確保することを目指す


ソフトバンクは、以下のような試験をエリクソンと共同で実施するそうです。

  • 都市部で、4.5GHz帯でのMassive MIMOやビームフォーミングを利用するための試験
  • 無線区間では、virtual RANも試験
  • 両エンドとも5G無線を使ったEnd-End試験
  • コアでの仮想化(virtual EPC)も試験

このPOC(概念実証試験)は、実験用電波免許を取得しだい実施予定とのことです。

ドコモの4.5GHz帯への取組

ドコモが、LTEで50kmの遠距離通信に成功したと発表しました。

実験基地局で、半径50kmのエリアをカバーし、受信時最大50Mbps、送信時最大13Mbpsの速度で通信できることを確認したとのことです。

自営無線などで利用されてる190MHz帯(VHF )を利用した、公共機関での共同利用を可能とする「公共安全LTEシステム」用の実験です。

LPWAで100㎞以上の遠距離通信

100km以上の遠距離通信ができるLPWA:Low Power Wide Area)ネットワーク技術を開発したとSONYが発表しました。

性能

  • 100㎞以上の遠距離通信が可能
  • 100km/hの高速移動中でも安定的に通信可能
  • 実転送レートは80bps
  • 通信方向は1方向のみ(双方向通信については検討中)
  • 受信感度は-142dBm
  • 周波数帯は920.6M~928.0MHz

方式はSONY独自

Veriozon、Cat M1を全米展開

ベライゾンが、Cat-M1の全米でのサービス開始を発表しました。

Cat M1の開始は、が3月31日。一気に全米での展開です。

エリアの広さとセキュリティを兼ね備えたIoT網としては、世界初であり、唯一であるとベライゾンは行っています。

Veriozonは、対応機器通信料金も発表しています。

5Gサービス要件を3GPPが発表

5Gのサービス要件を3GPPが発表しました。

5Gサービス要件を規定した3GPP TS 22.261 「Service requirements for next generation new services and markets」の策定が完了し2017年3月8日からの全体会合で承認をうける予定とのことです。

発表された5Gサービス要件の概要は以下のとおりです。

5Gサービス要件(概要)

ドローン基地局、

KDDIがドローン基地局の実証実験開始を発表しました。

ドローンの飛行時間は、30分程度ですが、将来は1時間程度まで延す計画です。

ドコモ、ソフトバンクなどもドローンでの災害対策やソリューション提供に取り組んでいます。

ドローンの長所と課題

最近のブログ記事

災害用の基地局,船に実践配備
h2{ font-size:120%…
802.11ax チップQualcommから
h2{ font-size:120%…
通信衛星を使うLoRaWAN
LoRaWANのセンサー等と、通信衛星経…
カスタム検索

月別 アーカイブ