MVNOの最近のブログ記事

MVNOがMNOに支払う接続料

MVNOがMNOに支払う接続料を値下げを総務省が検討しています。

接続料は、電気通信事業法第34条第3項で「能率的な経営の下における適正な原価に適正な利潤を加えたもの」が上限と規定されており、具体的には以下の式で求めることになっています。

L2接続料の算定式

この式の中見直しを、総務省配下の、「ICTサービス安心・安全研究会」が「モバイル接続料の自己資本利益率の算定に関するワーキングチーム」で検討しています。

現時点の主な論点は、適正利潤の計算方法、★印の部分の見直しです。

β見直し

b-mobile_data_plan.png

日本通信が新料金プラン25GB定額発表しました。

25GB定額は、月間25GBまでは速度制限なし使えるプランで月額2,380円(データ通信専用の場合)です。25GB超過後は最大200kbpsに制限されます。

現行の高速定額は、データ量制限なし(使い放題)かつ速度制限なしで月額1,980円(データ通信専用の場合)です。

速度制限なしで使えるデータ量に制限も上限も無い使い放題の高速定額が1980円で、25G超過後は速度制限かかる新プラン25GB定額が2380円ですので、実質値上げです。

新プランを選択する理由が見当たりません。

Biglobe SIMが、TCP制御装置導入を発表しました。

Dynamic-TCP-opt.png

MNOとMVNO間のL2回線でのTCPパケット破棄による再送を抑止して、L2回線のトラフィクを削減することが目的です。

再送抑止は、NECのTMS:Traffic Management Solutionにより実現しています。

TMSの機能

MVNOがMNOを上回る

移動系通信の契約数におけるMNO・MVNO別の純増数の推移

MVNOの純増数がMNOの純増数を上回る状況が1年以上続いています。

右は、総務省が公表した「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」にあるグラフです。

直近1年間は、MVNOの純増数340万になり、MNOの純増数235万の1.44倍となっています。

MNOではKDDIがNo.1

接続料金と端末販売見直し

総務省が「SIMロック解除」、「端末購入補助」、「MVNOとの接続料金」などを見直すための会合を開催する発表しました。11月には結論を出す予定です。

ドコモもMVNO並みの単価に

ドコモが月間100GBプランなどの新料金プランを発表しました。

ソフトバンクとKDDIがMVNO並みの単価になったことに追随した新料金プランです。

ドコモの100GBプランの1GBのパケット単価は、1GBあたり約270円となります。

Unit-price_mobile-data.png

MNOがMVNO並みの単価に

ソフトバンクが発表した料金プラン「ギガモンスター」と、KDDIが発表した料金プラン「スーパーデジラ」のパケット単価は、1GBあたり約266.7円(月間30GBプランの場合)となり、MVNOと同水準になります。

MVNOの各社のデータ料金単価は、1GBあたり月額250から350円のレンジにあります。

mobile_data_unit_price.png

自前HLR/HSSでのコスト削減額

ドコモがIIJにHLR/HSSを解放したことにより、IIJは、ドコモへの支払う料金を5年間で40億円から200億円削減できる可能性があります。

HLR/HSSを解放に伴う設備投資が、仮に50億円だったとしても、5年で回収できることになります。

(1)SIM貸与料で5億減

ドコモがHLR HSS解放

ドコモがHLR HSSをIIJに解放しました(IIJの発表)。

IIJが発表した内容

IIJがKDDIのMVNOに

IIJが、auの回線を利用した「IIJmioモバイルサービス タイプA」を提供開始すると発表しました。

提供開始は10月1日からです。

IIJ はドコモ回線とKDDI回線の両方でMVNOを展開することになります。

NTTドコモ回線のSIM(タイプD)とKDDI回線間のSIM(タイプA)を混在させて利用したり、タイプD/タイプA間で高速データ通信量のシェアも可能とのこと。

料金プラン

最近のブログ記事

U-NEXTが日本通信の事業継承
日本通信のMVNO事業を、U-NEXT…
ソフトバンクのMVNO誕生
h4{ font-size:120%…
法人MVNO契約増
h4{ font-size:120%…
カスタム検索