タグ「OS」が付けられているもの

Android、iOS 以外は絶滅寸前

世界のスマホOSのシェア(台数ベース)

AndroidとiOSの合計がスマホ用OSの99.6%になりました。

Gartnerが発表した世界のスマホ市場2016年第四四半期の数値を見ると、2016年4Q には4.3億台のスマホが販売され、そのうち99.58%が、Android か iOSを使っています。

Android と iOS 以外のOSのシェアは合計で0.42%まで減少しました。

1年前の2015年4Q は、Android + iOS 以外のOSのシェアは、合計で1.54%ありましたが、1年で0.42%まで減少しました。

グラフにすると小さすぎて見えないので、グラフはY軸(シェア)を対数目盛にして、拡大しています。

スマホ用OSとしてのWindowsは、シェアが.09%から0.25%に下落し1年でシェアが4分の1になりました。

Blackberryは、0.22%から0.005%になり、ほぼ消滅です。


Android 7.0 Nougat へのアップデート開始をGoogleが発表しました。

Googleが発表したAndroid 7.0 の主な特徴

テレビに挿して使うChrome OS 搭載 PCを発売するとGoogle Chrome Blogに掲載されています。

Chromebit.png

100ドル以下で買えるフル機能のPC(OSは、Chrome)になるようです。

PC用ディスプレーが無くても、HDMIポートの有るTVなどにつながります。

大きめのUSBメモリの程度のサイズなので、TVの裏にペタッとくっつきそうです。

ブログはChrome Bookに関する投稿ですが、後半にテレビに挿すChrome OS PC「Chromebit」への言及があります。

A little bit more...

This summer, ASUS will launch a new type of Chrome device: the Chromebit.

Chromebit

特徴

Windows PhoneもWindows10へ

Windows 10が発表されました。

WIndows Phone 8.1 もWinoows 10に無料アップグレードできるそうです。

Windows10.png


現行Windowsからの主な変更点をピックアップしてみました。

キル・スイッチの義務化

スマホにキル・スイッチの実装を義務づける法案が米議会に提出されました。

キル・スイッチ機能は

  • 個人データを遠隔消去する
  • スマホを遠隔ロックし使用不能にする
  • 所有者以外は遠隔ロック解除・復活不可
  • 無料で提供される
となっています。
法案を提出した上院銀の一人であるKlobuchar 上院議員のサイトにあるキル・スイッチの記述には、以下の記述があります。

kill switch type technology free of charge that would allow the consumer to wipe their personal data off the phone, render the phone permanently inoperable to anyone but the owner, and prevent it from being reactivated on a network by anyone but the owner.

iPhone の紛失モードは、ほぼこの条件を満たします。

韓国でもキル・スイッチの実装が今年の4月から義務化されます(Korea Times)。

Apple、Samsung、LG、Pantech の世界シェアは合計で50%を超えます。

これら各社のスマホが、キル・スイッチを実装すると、米議会での法案が否決されたとしても、2台に1台以上のスマホは、キル・スイッチを実装することになります。

Mobile-OS-Share-of-world-market.png

NokiaがMicrosoftに買収されます。

買収に関する、欧州委員会、米連邦政府、Nokiaの株主のすべての承認が完了しました。

Nokiaの主力OSであるWindows Phone 搭載のスマホ出荷台数は、前年比2.5倍になり、シェアは前年比180%の3.6%になりました(IDC調べ)。

Operating System

3Q13 出荷台数

3Q13 Market Share

3Q12 出荷台数

3Q12 Market Share

Android

211.6

81.0%

139.9

74.9%

iOS

33.8

12.9%

26.9

14.4%

Windows Phone

9.5

3.6%

3.7

2.0%

BlackBerry

4.5

1.7%

7.7

4.1%

Others

1.7

0.6%

8.4

4.5%

Total

261.1

100.0%

186.7

100.0%


Symbian 搭載のスマホは、2012年発表のNokia 808 PureViewが、2013年夏に出荷終了したのを最後に、消滅しています。

FirefoxOS搭載機発売(海外)

FirefoxOS搭載スマホが発売開始です(mozillaの発表)。

値段は、約9000円。機種は2機種

FirefoxOS-phone2.PNG

良く似た機種ですが、違いもあります。

ZTE Open Alcatel One Touch Fire
通信 HSDPA
下り最大7.2 Mbps
上り最大5.76Mbps
HSDPA
下り最大7.2 Mbps
上り最大5.76Mbps
対応周波数 2G (GSM)
850 / 900 / 1800 / 1900
3G(HSDPA)
850 / 900 / 1900 / 2100
2G(GSM)
850 / 900 / 1800 / 1900
3G(HSDPA)
850 / 900 / 1900 / 2100
画面サイズ 3.5インチ TFT
ワンポイントタッチ
+ジェスチャーキャプティブ
(2点オプション)
3.5インチ TFT
256色
解像度 HVGA
(320 x 480 pixels)
約165 ppi
HVGA
(320 x 480 pixels)
約165 ppi
SIM Mini-SIM Mini-SIM
CPU Qualcomm MSM 7225A
1GHz 動作
Qualcomm MSM 7227A
1GHz動作
GPU Adreno 200 Adreno 200
RAM 256MB 256MB
ROM 512MB 160MB+512MB
SDカード 4GB SD付属
最大32GB
4GB SD付属
最大32GB
電池 1200mAh 1400mAh
連続通話時間 6時間
7時間
3G時:6.7時間
2G時:3.0時間
待ち受け -- 280時間
280 h (2G)
220 h (3G)
高さ 114mm 115 mm
62 mm 62.3 mm
厚さ 12.5 mm 12.2 mm
容積 88.4 cc 87.4 cc
重さ 120g 108g
Wi-Fi 802.11b/g/n, 802.11b/g/n,
Bluetooth Bluetooth 2.1+EDR Bluetooth 3.0
カメラ 320万画素 320万画素
その他 FM radio FM radio
GPS A-GPS A-GPS
USB microUSB v2.0 microUSB v2.0


スマホで仮想化しBYOD

ホスト型仮想化.PNG ベアメタル型仮想化.PNG

VMWare Horizon Mobileの提供をVerizonが開始しました。

VMWare Horizon Mobileは、スマホにOSを2つ搭載するための、モバイルユーザ向けプラットフォームです。

日本では、昨年末にソフトバンクがトライアルを実施しています。

対応端末は、Motorola のRAZR M と、LGのIntuition です。iOS版はプレビュー版があるものの、現時点ではリリースされていません。

VMWare Horizon Mobilは、1コアCPUと、1GB の RAMで動くそうです。

VMWare Horizonは、ホストOS型の仮想化をしています。

ベアメタル型も検討したようですが、スマホ端末メーカーによるHypervisorへのサポートが得られないため、OSの上にアプリとしてHypervisorを載せる形態を選択したそうです。

VMWareが、2008年に買収したTrango Virtual Processorsは、ベアメタル型のモバイル端末向けHypervisorの会社でした。

mdm-gartner-and-forrester.png

MDM: Mobile Device Management として世界1,2のシェアを持つSAP Afariaのクラウド版が出ました(SAPのニュースリリース

SAP がAmazonのAWSを使って、 SAP Afaria をSaaSとして提供します。

  • 料金 :
    1端末あたり月額1.11ドルないし1ユーロ (30日間無償トライアルあり)

  • 対応OS:
    Android, iOS and Windows Phone 8

  • 発売国: 日本は未発売
    現在は、アメリカ、ロシア、韓国、中国、香港、台湾、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ネパール、インド、パキスタン、メキシコ、ブラジル、ペルー、イラン、イラク、クエート、カタール、オマーン、ケニア、ルワンダ、南アフリカ、スイスなどです。

ドコモのBaremetal

クラウドサービスの性能を向上させる新技術を開発したとドコモが発表しました。

OpenstackのBaremetal サイトには、開発への貢献者(Contributors)としてドコモの名前が記載されています。

ドコモが提供したBaremetal のコードがOpenStack の7番目のメジャーリリース「Grizzly」に採用されているようです。



ドコモの発表では、Baremetalにより、クラウドサービスの応答時間を最大50%短縮ーとなっています。

ドコモによるベンチマークを見ると、Pingの応答ではVMに比べ50%ほど高速になって、SR-IOV(Single Root I/O Virtualization)を上回っています。

TCPのスループットも、VMより高速でSR-IOV並になっています。

Bare-metal-benchmarking-by-docomo.png


ネットワーク系の処理はBaremetarlで高速化するものの、コンテクストスイッチやCoremarkでは、VMとそれほど差がありません。


クラウド対応でWAN最適化

国際電気通信連合(ITU)が、クラウドコンピューティングの国際標準規格を、日本の骨子案を基に、2013年末にも固める見通しという報道がありました。

日本が掲げる骨子案は、
  1. サーバー間の通信の品質維持
  2. 通信の際の遅延を少なくする
  3. サーバーの省電力化を進めること-など
そういえば、通信品質改善や遅延対策、WAN高速化、WAN最適化のニュースが目立つ気がします。

Ciscoは、WAN最適化プラットフォーム「Cisco Wide Area Application Services(WAAS)」をクラウド対応の一環として6月12日にアナウンスしています。

クラウドとの接続を「Skeed Silver Bullet Protocol」で高速化するというSKEEDが先週発表しました。
他にもチラホラとあります。

「Skeed Silver Bullet Protocol」のように詳細を公開しない例もありますが、既存のWAN高速化手法を凌駕する画期的な技術が開発されたという話もみあたりません。

既存手法で、なんとかWAN最適化・高速化を実現しようとしているようです。

GSMA が、スマートフォン向けアプリ開発ガイド「Smarter Apps for Smarter Phones」をリリースしました。

モバイル網対応アプリ開発の基礎を解説してます。

抽象的な概念もありますが、けっこう具体的な事も書いています。
たとえば、
  • 通信断時のリトライは、1分後、次5分後、三回目15分後に行うことを推奨する
  • Keep-aliveパケット送出間隔は10分以上を推奨する(Apple推奨は29分)
  • HTTP Request Hederには、Accept-Encoding: を含める
  • サーバーからのヘッダーにあるAccept-Range: をサポートし、
    再開時は、Range:を指定しリジュームする
  • Last-modified, If-Modified-Sinceをサポートする

統合型IPXを提供するとNTT発表しました
統合IPXは以下の4つの機能を持っているそうです。
  1. 「国際ローミングデータ中継(GRX)」
        国際ローミング中のメールやデータ通信の中継
  2. 「国際ローミング信号中継
        国際ローミング中の在圏情報の中継
  3. 「国際音声通話
        国際電話
  4. RIM接続
        BlackberryのRIM社インフラへの接続
携帯電話サービスを提供する通信事業者どうしが、国境を越えてお互いの網を相互利用するのに便利です。
今回の発表の目玉は、4つ目の「RIM接続」が追加されたことです。

スマフォン用OSシェア

スマホンOSの首位は、Android、2位がiOS
1年前の首位だったSymbianは3位に後退です。
ASCII.jp 2012年2月22日「ついにスマホのシェアで50%を超えたAndroid」
http://ascii.jp/elem/000/000/673/673199/
RIMが提供するBlackberry OSは、スマフォン用OSとして昨年同様今年もシェア4位ですが、シェアは14.6%から8.8%へ4割減です。
Smartphone-OS-share.PNGBlackberry のシェアが下がっただけでなく、出荷台数も減っています。1476万台から、1318万台へと1割減です。

RIMとの接続回線を共用する意味
ドコモはblackberryを企業向けにも販売しBES:Blackberry Enterprise Serverの日本語化などもしています。
IPX経由でRIMとの回線を他社とシェアできれば、ドコモの回線維持費は削減できることでしょう。

Blackberryのユーザー増えないし、今後減少するとRIMとの専用回線がコスト的に重荷になりる懸念もあります。
RIMとの回線に余裕もできるし、RIMとの回線を専用で維持するほどもうからないので、他社とシェアしたいと思うのは、ドコモだけじゃないだろうという目論みでRIM接続サービスを始めたのかかもしれません。
SymbianがクロスプラットフォームツールSymbian Web Development Tools(WRT Tools)発表しました。

WRT Toolsは、携帯/スマートフォン用のアプリ開発ツールですが、Web Runtime (WRT)というWebKitベースのブラウザ上での利用を想定しています。

Web Runtime (WRT)は、WebKitベースのブラウザに、JavaScript APIによるデバイスへのアクセスのためコンポーネントや、widget の追加やアプリ管理の機能を追加したブラウザです。このため、 WRT Toolsで作ったWEBアプリは、携帯電話の通話、カメラ、位置通知、加速度センサー、ショートメッセージング機能などに直接アクセスすることもです。

WRTが対応する端末は以下のとおりです。
  1. S60 3rd Edition FP2以降を搭載した端末のすべて
  2. S60 3rd Edition FP1搭載のSamsung 
  3. S60 3rd Edition FP1搭載のNokia(最新ファーム要)  
クロスプラットフォームとはいうものの、デバイスの直接制御ができるのはS60端末に限定されてしまいます。
個別の機能追加があるとはいえWRTは、WebKitベースのブラウザですの以下標準をサポートしています。
  • HTML 4.01
  • XHTML mobile profile
  • CSS 2.1
  • JavaScript 1.5
日本の携帯電話も、iモード専用ブラウザや、HDML、MML用ブラウザを搭載している場合ではくなっています。W3C準拠のフルブラウザの時代です。

iPhone OS 4.0

iPhone OS 4.0 のPreviewが公開されました。
iPhone向けリリースは夏、iPad向けは秋だそうです。

なお、iPhone 3G, iPhone 3GSは、4.0にアップグード可能ですが、iPhone 3G や2代目iPod touchは iPhone OS 4.0を導入できるものの、マルチタスクを含む一部の機能には対応しないとのこと。
 Brew MPを搭載した低価格のスマートフォンHTC smartをHTCが発売します。

 台湾のHTCは昨年810万台のスマートフォンを出荷したスマートフォン大手です。
 Android携帯、Widows Phoneを手がけてきましたが、インドや中国などより低価格なスマートフォンが求められている市場向けに、Brew MPを採用したHTC smartを4月から発売するそうです。

 スマートフォンは二極分化し、AndroidやWindowsを載せるだけのパワーを持った高級スマートフォンと、BrewMPが載る程度の低価格スマートフォンに別れていくのかもしれません。

 BrewMPでJavaが動作するようになりましたから、アプリも作りやすくなるでしょうし、アプリの審査も負担も軽くなるでしょう。
 しかし、低価格化のためにどんどん機能削ってゆくと、どこかでスマートフォンではなくなってしまいます。スマートフォンと名乗るための最低限の機能、つまりスマートフォンと、それ以外の境界線が曖昧になってゆくような気もします。

JAVA on BREW by Qualcomm

 QualcommがBrew MP上でSun Java™ Wireless Client が動くようになったと発表しています。

 端末メーカーがBREW MP上にJava Clientをプリインストールして出荷することにより、JavaアプリがBREW上で使えるようになります。

Symbian^3 (S^3) 発表

 Symbian^3が発表になりました。
 2/4に オープンソース化が完了したSymbinaのS^3が公開されました。
 S^3の"feature complete" 版は1Qに出来上がり、今年の3Qには製品が出てくる見込みだそうです。
 その後、S^4が年内には出る予定。

IntelとNokiaが、新携帯OS

 IntelとNokiaが、、Intelの「Moblin」とNokiaの「Maemo」を統合し、新携帯用OS「MeeGo」にすると発表しました。

Windows Phone 7 概要

Windows Phone 7発表されました。
PEOPLE
people
Office
Music+Video
Games

PICTURES
 
market place


特徴
1.
2種類の新しいUI ハブとライブスタイル
  「ハブ」 :グループ化機能
スマートフォンの標準的な使い方に沿って、関連する機能やアプリケーション、Webサービスを同一の画面からアクセスできるよう 6種類のハブを用意。
  • people:SNS関連
  • Office:Office文書を使う
  • pictures:写真共有
  • Games:Xbox LIVEのゲーム
  • Music+Video:Zuneのサービス
  • Marketplace:アプリストア
  「ライブ・タイル live tiles」
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の更新などの情報を動的に通知する
2 3  

最近のブログ記事

GoogleがHTC買収を発表
台湾のHTCを買収することをGoogl…
上限突破でも速度制限なし
T-mobileが月間通信量の上限を5…
貼れる,洗える,伸びる太陽電池
h2{ font-size:120%…
カスタム検索

月別 アーカイブ