タグ「RAN」が付けられているもの

ミッドレンジも600Mbps対応

Snapdragon
660
Snapdragon
630
CPU 8コア、2.2GHz
対応RAM
(サイズ
動作周波数)

8M
1866MHz
8M
1333MHz
GPU Adreno 512 Adreno 508
対応解像度
(最大)
2560×1600
ドット
1920×1200
ドット
下り最大 600Mbps
上り最大 150Mbps
動画再生 4K映像の録画・再生
動画撮影 4K @ 30 fps
カメラ 2400万画素
Wi-Fi 802.11ac
2x2 MU-MIMO
802.11ac
1x1

下り最大600Mbps対応のミッドレンジSoCをQualcommが発表しました。

発表されたSnapdragon 660630はミッドレンジのスマホ用のSoCですが、下り最大600Mbps対応のX12 LTE modemに対応しています。

X12 LTE modemは、iPhone7に搭載されている高速モデムで、iPhone 6sに搭載されているX7より2倍以上高速のハイエンドスマホ用のモデムチップですが、ミッドレンジでも使えるようになりました。

660は既に出荷開始、、630は月内に出荷開始予定です。
600Mbpsに対応したミッドレンジで買いやすい価格のスマホ発売が予想されます。

ネットワーク側の状況

ドコモが下り最大682Mbpsのサービスを開始するなど、最大速度が600Mbpsを超えるサービスがリリースされ始めていますので、600Mbps対応スマホは、ハイエンドではなく、ミッドレンジになります。

ドコモ3.5GHz帯で682M + IoT

ドコモも.35GHz帯の高速端末Wi-Fi STATION N-01J発表しました。

下り最大速度は、ドコモが682Mbpsは、昨日ソフバン(Y!モバ)発表の「Pocket WiFi 603HW」が612Mbpsになっています。

IoT機器とLTE網とのゲートウェイとして機能

IoT機器との接続を謳っていることも、Wi-Fi STATION N-01Jの特徴です。

Linging with N-01J.png

Bluetoothで接続するIoT機器と、LTE網とのゲートウェイとして機能します。

Linking対応IoT機器を接続しての利用を謳っており、LinkingのサイトにもWi-Fi STATION N-01Jが掲載しています。

Linkingのサイトに掲載されているIoT機器には、各種センサー(温度、湿度、気圧、加速度・ジャイロセンサー)、ボタン、報知機(LEDランプ、バイブレータ)、開発用ボードなどがあります。

Linking API.png


Linkingのサイトには、これらの機器をつかったアプリもリストアップされています。

温湿度計、ゴミの日お知らせ、家族の帰宅お知らせなどアプリとともに、Linking APIや、デバイスがLinkingのAPIに対応しているかの確認を行うための検証ツールなども公開されています。

Wi-Fi STATION N-01Jには、最大5台までのBluetooth対応機器が同時接続可能です。

ドコモ500M化を再度発表

512Mbpsエリアを2017年3月に一斉展開する発表しました。

375Mbps化を公表した2015年5月当時の計画どおりにドコモがネットワーク構築を行っていることが再確認できます。

中継局の技術的条件変更

中継局での周波数変換再生中方式の利用制限が緩和されます。

総務省が発表した技術的条件の答申に再生中継局の追加として記載されています。

周波数変換の利用制限緩和

LTEの電波規制が緩和され、高速化が可能になります。
総務省が、技術的条件の答申を発表しています。

変更された内容は、2.5GHz帯とそれ以外の周波数で異なりますが、「256QAM」と、上りでのキャアアグリゲーションの解禁による高速化がメインです。

解禁される内容

基地局予備電源の76時間化

ドコモが、基地局電源の76時間化を発表しました。

72H-backup-power-supply-for-BS.png

35局(大阪府5局、兵庫県16局、和歌山県14局)の基地局の基盤を強化し、燃料電池で76時間稼働を可能にしたと発表しています。

ドコモ、KDDI、ソフトバンクは、3社とも停電強化エリアは24時間稼働で横並びです。

強化エリア外では、3時間程度になっていますが、ドコモは強化エリア外の一般エリアの基地局を76時間化し、広域をカバーしたそうです。

一般エリアの基地局の停電対策を強化し広域をカバーするのは、おそらく初です。

法律による基地局予備電源の規定

今月利用開始予定だった700MHz帯利用開始が遅れています。

ドコモとKDDIが総務省に提出した計画では、今月700MHzサービス開始となっていましたが、サービス開始されていません(2012年6月の700MHz帯の電波免許交付)。

総務省の発表によれば、700MHzの利用開始は1年程度遅れ2016年以降になる見込みです。

現在700MHzを利用しているラジオマイク利用者との協議遅延、FPUの商用機開発遅延が、700MHzでの携帯電話サービス開始遅延の原因とのこと。

端末は対応済み

NYCが高速な公衆無線LANを整備

ニューヨーク市内に10,000基の無料Wi-Fiスポットを建設する計画をニューヨーク市が発表しました。

無料Wi-Fiスポットは大型ディスプレーを持つ広告塔型です。サイズは未公表ですが、高さは4メートルくらいありそうです。

NYC-Lynks.png


設置場所は、電話ボックスを撤去した跡に建設する計画です。電話ボックスより設置面積は小さいので歩行者の邪魔になることもないそうです。

下右のようなサイネージ省略した細身のタイプなら、さらに省スペースです。

Lynks-on-streets.png

設置密度は100メートル毎に1基

周波数帯域と契約数の関係

モバイル用に割り当てられた周波数帯域の増加と契約数の伸びが比例しているようです。

Spectrum-n-subscribers.png

LTEで3.78Gbpsを達成

10の帯域をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねて3.78Gbpsを達成したと、ノキアが発表しています。

  • CAで3.78Gbpsを達成
  • 10の帯域をCAで束ねて200MHz の帯域を確保
  • TDDとFDDのをCAで束ねた

料金は5秒で2500円

5 GBのハイビジョン動画を11秒でダウンロードしたともノキアは発表しています。

この速度なら、1ヶ月7GBの通信量制限に、16秒弱で到達してしまいます。

7GBを超えたら2Gバイトごとに2,500円追加支払い(ドコモ、au、ソフバン横並びで同額)すると、約5秒ごとに2500円の追加料金が発生。1分で3.4万円になってしまいます。

技術的に高速化が可能でも、料金的には非現実的な速度です。

技術より回線コストが壁

10万の基地局を100Gbpsの回線で結ぶと、月額400万円☓10万局=月額4000億円。
1年で4.8兆円になります。

ドコモの売上が1年間で4.5兆円。回線料金だけで売上額を上回ってしまいます。

1基地局あたり、10Gbpsで妥協したとしても、10万の基地局を10Gbpsの回線で結ぶと、月額200万円☓10万局=月額2000億円。
1年で2.4兆円になります。

ドコモの売上が1年間で4.5兆円。そのうち2.4兆円(53%)が基地局へのアクセス回線費用で消えていきます。

高速化を実現するためには、基地局設備費、基地局とつなぐエントラス回線の料金などのコストが壁になります。

コミケは無線LANも大混雑

コミケ83には、冬コミとしては最高の55万人が来たそうです。
2012年のセンター試験受験者数が55万人。鳥取県の人口が58万人。

下の写真は、最終日のビックサイト東館の外側を取り巻く行列。

東館を取り巻く行列

この写真を取った位置では、スマートフォンやモバイルルータからの無線LAN電波だらけ。
ちょっと離れた場所からの俯瞰でしたが、23のSSIDが見えました。

東館西端のWLAN.png

会場内に入るとさらにすごいことに。
西館南西の駐車場に面した階段では114以上のSSIDが見えました。

1ヶ所で114です。

西館-南西駐車場

ソフトバンクが、イーモバイル(イー・アクセス)を買収しました。

iPhone 5のソフトバンクモデルは、LTEバンド、1,3,5に対応しています。

Eモバイルの1.7G/1.8GHzはLTEバンド3ですので、iPhone5 で EMのLTEが使えます。

その結果9月1日時点のiPhone5で使える基地局数は、

  • Eモバイル:  4,454局
  • ソフトバンク:15,648局
  • au by KDDI:  8,723局

ソフバングループ合計で、20,102局になりました。

2012年年8月4日現在、ソフバンのプラチナバンド基地局数は14,628でした。
総務省のページに8月27日公開された値です。

14万局達成 宣言の後に急減したソフトバンクの3G基地局数が、8.5万局付近で下げ止まっています。
2012年6月29日の総務省集計で、85,174局です。

減少は、収束したようです。

softbank基地局数推移.PNG



700M帯Middleの優位性

700MHz帯を獲得したドコモ、au、イーモバイルの3社全ての第一希望が、Middleバンドでした。
ドコモがMiddleバンドを獲得しましたが、各社がMiddleバンドを希望した有利な理由は、次の2つだと思われます。
  1. 地デジ受信器(TVやブースター)に携帯電話基地局からの電波が干渉を及ぼすリスクが小さい
  2. 海外で利用する周波数と重なるので、端末などの調達が有利

700MHzMiddleバンドの優位性.PNG
700M帯の基地局建設計画を総務省が公開しました。
00MHz帯周波数割り当てを求めた携帯電話3社が総務省に提出した建設計画をまとめたものです。
900MHz帯周波数割り当てに際しても各社が900M帯基地局建設計画を公開しています。
900Mの割り当てを受けたソフトバンクと、700MがもらえそうなNTTドコモとKDDI、イー・アクセスの3社、合計4社のプラチナバンド基地局建設計画をグラフにしてみました。

プラチナバンド基地局建設計画.PNG
一番たくさん建設するのはソフトバンクで4.2万局。1番少ないイーモバイル1.5万局の約3倍、2.1万局のドコモの2倍建設する計画です。
建設費も公開されています。
  DoCoMo au by KDDI ソフトバンク e-moba
設備投資額 2,358億円 2,579億円 2,123億円 1,436億円
基地局建設数 20,829局 30,698局 42,313局 14,994局
1局あたり 1,132万円 840万円 502万円 958万円

なんと、ソフトバンクの基地局建設コストはドコモ44%です。
ドコモの基地局建設費は、ソフトバンクの2.26倍にもなっています。

KDDI の 800MHz 基地局

KDDIが、「EV-DO Advanced」の導入の発表にあわせて、会見を開き、単にネットワークを構築するだけでなく、品質を劣化させない、あるいは品質をさらに向上させることを目標に、5年間取り組んできたと発表したそうです。

具体的には、
  • 5年間で、旧800MHz帯基地局数の2.6倍の新800MHz帯基地局を配置した。
  • 東京23区内に限れば、4倍の基地局数になった。
  • エリアカバー率も20%向上した

と言っていたようです。

そこで、KDDI の800MHz基地局数の変化を表にしてみました。

E-mobileの42Mbpsサービス

E-mobileが42Mbpsサービスを始めます。
サービス開始日ですが、サービスの詳細は、今秋に発表予定だそうです。当初は大都市圏でスタートし、サービス開始後に1年で人口あたりで60~70%をカバーする計画。

携帯電話各社の実力

 au  439.0kbps
 DoCoMo 
 423.4kbps
 Softbank 
 148.3kbps
 日本のケータイの平均ダウンロード速度をインプレスR&Dが発表しています。
 1位は、KDDIのauの439Kbps、2位のドコモは2%程度の差で追随していますが、3位のソフトバンクだいぶ低速で、KDDIの1/3の速度です。
 方式別の速度も公表しています。
 Rev.AよりHSDPAのほうが規格上の速度は、高速なはずですが、Rev.Aのほうが実際には高速になっています。RANの規格だけでなく、バックボーンの回線や基地局配置など速度を左右する要素は多いのでしょう。同じHSDPAでもSoftbankは、ソフトバンクよりドコモのほうが3倍高速という事実からも、HSDPAやRevAなどのRANの方式だけでは速度が決まらないことが明らかです。
 CDMA2000 1x 
 EV-DO Rev.A
au  545.3kbps
 HSDPA DoCoMo 
  519.0kbps
 Softbank 
  165.1kbps
e-mobileの速度がないのは、e-mobileがドコモにローミングしてドコモ網を使用しているからかもしれません。

AT&T、衛星電話とローミング

 AT&Tが、衛星電話のTerraStar とのローミングに合意したそうです。

 1台のスマートフォンで、GSM/GPRS、GSM/EDGE、W-CDMA/HSDPAそしてTerraStar衛星に対応した製品が出てくるのは、来年の1Qだそうです。

 TerreStar衛星は、赤道上空36kmの静止軌道の衛星です。36km離れた基地局との通信になりますので、遅延や、送信電力(電池の消耗)は、不安です。しかし、電波に国境は関係ありませんので、全米はもちろん、プエルトリコ、バージン諸島および沿岸でも通信が可能になります。
2  

最近のブログ記事

GoogleがHTC買収を発表
台湾のHTCを買収することをGoogl…
上限突破でも速度制限なし
T-mobileが月間通信量の上限を5…
貼れる,洗える,伸びる太陽電池
h2{ font-size:120%…
カスタム検索

月別 アーカイブ