タグ「Windows7」が付けられているもの

Windows PhoneもWindows10へ

Windows 10が発表されました。

WIndows Phone 8.1 もWinoows 10に無料アップグレードできるそうです。

Windows10.png


現行Windowsからの主な変更点をピックアップしてみました。

Androidの音声入力API

 Androidの音声入力APIが公開されています(公開のアナウンスAPIのページ、サンプルコード)。
 Googleの音声検索に使われたAPIです。

 Windows Mobileでは、オプションとして音声認識が搭載可能です。MicrosoftはそのSpeech API(SAPI)を公開しています。SAPICE 6.0CE 5.0でも利用できます。

LifeBook UH900 - 小型化への挑戦

 富士通がLifeBook UH900を発売しました。
 長財布サイズで携帯にもWiFiにも対応しています。通話機能の無い大きなスマートフォンのような感じです。 重さは500gと普通のNetbookの半分以下。
    VAIO Type-P、iPhoneと
    UH900のサイズ比較

    iPhone LifeBook
    UH900
    VAIO
    TypeP
    iPhone
    との差
    11.43 20.40 24.50 8.97
    奥行 6.10 10.65 12.00 4.55
    高さ 1.21 2.38 1.98 1.17
    • 3.5G WWAN
      ・HSPA(7.2Mbps)対応モデム内蔵
      ・HSPA: 850/900/1900/2100MHz
      ・GPRS/GSM: 850/900/1800/1900MHz
      ・EV-DO 1900MHz対応版もあり(1月発売)
    • WiFi
      ・IEEE802.11abgn対応
      ・MIMO対応(Dual Antenna)
      ・チップAtheros XSPAN
    • マルチタッチに対応タッチスクリーン
    • 5.6インチWXGA
    • カメラ、ステレオマイク内蔵
    • Atom Z530プロセッサ
    • 62GB SSD
    • Bluetooth Ver.2.1内蔵
    • Windows 7

    Google IME は、MS-IMEを凌駕する

    Google と MS の IME比較
    Google IMEMS-IME
    アイフォン愛フォン
    ツイッター津一たー
    グーグルグーぐる
    クアルコム句ある込む
    シンビアン審美案
    ドロイド泥井戸
    アクセ開く背
    シュシュ主主
    エクステエクス手
    キャミ伽身
    就活週かつ
    婚活紺かつ
    ポニョ歩如
    湯バーバ湯バー場
    ハウル葉売る
    バルス葉留守
    腐海ふかい
    ナルトなると
    ルフィーるフィー
    ハンコック半コック
    火影帆影
    サイヤ人際や陣
    魔人ブウまじんぶう
    マイミク舞い見区
    プロフプロ不
    鎌倉なう鎌倉ナウ
    初音初ね
    鏡音鏡ね
    緒方洪庵緒方公安
    適塾敵塾
    会津若松合図若松
    西郷頼母最後歌のも
    なよ竹のな世竹の
    たわまぬ節たわまぬ父子
    み吉野の三好の野
    木末子濡れ
    快川国師回線酷使
    恵林寺絵臨時
    伝教大師電業大師
    理趣釈経利取捨っ協
    八咫烏谷田ガラス
    御神渡り臣渡り
    諏訪法性すわほっ賞
    紫電改し電解
    屠龍と竜
    陸攻陸工
    艦爆かんば区
    南洋庁南陽町
    ラノベラ延べ
    灼眼尺がん
    涼宮涼みや
    ハルヒ春日
    腐女子婦女子
    ドジっ娘度十個
    戦闘妖精先頭要請
      3日に公開されて依頼話題沸騰のGoogle IMEをWindows 7で使ってみました。

    結論

     とても快調です。現在ベータ版なのに、すでにMS-IMEを上回っています。今後も使用継続決定です。

    長所

    • 気に入った点 カタカナとひらがなの自動判別が秀逸
      • いちいち切り替える必要がない
      • 「マジっすか」とか「メゲる」とかもチャンと変換してくれる
      •  バルスが、葉留守となったり、ポニョが歩如になったりしない。
    •  常識がある
      • 緒方公安などと変換しないので誤変換の心配が少ない。
      • FUKAIの入力で、腐海と変換できる。
        「銀星」、「使い魔」、「灼眼」、も一気に変換できる
      •  Hypervisorは、ハイパーバイザーのほうがハイパバイザより一般的なのをサジェストしてくれる。
    • 高速
      • 変換候補の提示がスピーディ。快感を感じるほど。
    • 小さい
      • インストールファイは、511K
      • C:\Program Files\Google\Google Japanese Inputは53.4M, C:\Windows\IMEは2.5倍の136M

    短所
    • 調教しだいで、ビジネス文書用にも、趣味用にもなりそうですが、ビジネス文書、趣味用の切り替え設定が見当たりません。
      オフの用語を自動学習させすぎてしまうと、夜のノリで昼の文書を書いてしまう危険があります。
     Microsoftのツールにオープンソースコードが使われているのではないか疑惑に決着がつきました。Microsoftがオープンソースの利用を認め(Microsoftのブログ)、GPL Ver2の規定もとづきソースを公開することになりました。

     問題のツールは、 DVDが無いNetbookなどにWindows7をインストールするためにUSB版Windows 7を作成する「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」です。Windows 7本体ではありあませんし、Microsoft Storeで無償提供していたものです。

    Windows 7へのUpgradeは危険

     「Windows Vista から Windsow 7へのUpgradeが失敗する現象をMicrosoftが調査中」とIT Worldの記事は伝えています。
     XP からWindows 7へのインストールも異常に時間がかかる場合があるそうですので、Windows 7をインストールするならクリーンインストールが良いようです。Upgradeにチャレンジする場合は、データのバックアップが必須かもしれません。

     IT Worldの記事によればVistaからWindows 7へのアップグレードはリブートの無限ループになることがあるそうです。
    1. Win7にアップグレードを開始する
    2. アップグレード途中でリブートが起こる
    3. リブート後、Windows7へのアップグレードが最初から始まってしまう
    4. 2に戻る
      Microsoftのサポートフォーラムでは、20人くらいのユーザが、同じ問題に直面していると言っています。
     Microsoftのサポートエンジニアが、「Anti-virusは無効にした?」だり、「イメージ壊れてない?」とか「環境の詳細教えて」とか書き込んでいます。これに答えて、ユーザも、ログ貼り付けたり、環境レポートしたりしていますが、いまだ解決していません。

      VistaからUpgadeすることになったら、バックアップをとっておくよういたほうが安心だということを思い出すようにしたいとおもいます。
     UQが、国内カバー率90%を来年度上期中に達成するよう計画を2年半前倒しします。

     UQの基地局数は、月間500局近いペースで増え、先月末で3500局を超えています。このペースで増えると来年度上期末には1万局近くになり、来年度末には13,000局程度になる計算。
     E-mobileの現在の基地局数は約8500局。総務省への届出によるとE-mobileは来年度末に13,563局を建設する計画なので、UQの基地局数はE-mobileとほぼ同数になることになります。
     各社の基地局数と比較すると、まだまだ少ないので、エリアの穴もあるでしょうが、市町村役場付近ではほぼ通信できるようにする計画ということのようです。
     ケータイ各社のWindows 7対応状況は、本日現在以下のとおりです。対応状況に各社のカラーというか体質が、現れているように思えます。


    まずは、Window7への対応状況

    DoCoMo一部対応済み・全機種予定公表
    PC用カード型だけでなく、電話機も含め全機種の対応予定を公開。電話機は一部対応済み。
    カード型は10月下旬対応予定。 64bit版にも対応予定。
    WILLCOM:対応済み
    対応状況を一覧で公開。互換性アシスタントの警告が表示の有無も公表。
    ただし、ドライバソフトのみ。アプリやユーティリティで非対応もあり。
    UQコミュニケーション一部対応済み
    USBタイプ、PCカードタイプ、PC Expressカードタイプの4機種が対応済み。64bit版もOK。
    E-mobile一部対応済み
    「動作する機種であっても、一部制限事項がある場合があります。」と公開
    対応状況として他サイトを紹介。
    au(KDDI)対応予定
    対応予定が機器のスペックに記載あり。時期未定。64bit版にも対応予定。
    ニュースリリース等での発表はなし。KDDIブロードバンドルータは対応済み
    Softbank Mobile:対応意向を表明
    対応意向を表明。時期、機種、64bit対応等は不明

    Windows7の次はWindows7 Mobile

     Windows 7の次として、Windows7 Mobile のスクリーンショットが流出しています。

     Windows7がリリースされたばかりの今、Windows7 Mobilの情報が流出とは、ナイスタイミングです。Microsoftが意図的にリークしたのではないかと勘ぐってしまいます。

     Wndows8は128bit OSという情報を、マイクロソフトの開発者がSNSにうっかり書き込んだり、マイクロソフトの意図的リークを感じさせる報道が、ちらほら出ています。

    Microsoft Security Essentialsの実力

     Microsoft Security Essentials(MSE)が、535,752台のPCから4百万のウィルス(Thread)を 検出したそうです(公式ブログ)。
     1台平均約8件のウィルス(Thread)を検出したことになります。がんばってますね。

     MSEは遅いという評価もあります。 Microsoft Answersでも、 MSEは遅いという話題があがっています。
    I have to Agree the MSE Performance in XP Home SP 3 is really slow.
    I agree that this isn't acceptable performance.

     軽くてい良いというレポートもあります。どうやら、当たり外れがあるようです。環境によって、軽くも、重くもなるようです。自分のPC/環境で重いか軽いかは、インストールしてみるしかないようです。
      Microsoft Security Essentials FAQ風まとめで、MSは、商用ソフトをキチンとアップデートしている場合は、Microsoft Security Essentialsを使う必要がないと言っています。
     AVGとかAviraとか使っている人は、無理にMSEを使う必要はないようです。

    中国でWindows 7発売

     中国で、20元($2.93)でWindows 7が発売されているそうです(ロイターの記事)。

     Windows 7 Ultimateでも、英語版でも、中国語版でもこの値段。日本語版の有無は不明。
     もちろん海賊版。

     アキバでは深夜発売だそうだが、徹夜で並んで買わなくても、中国に言ってくれば今すぐ300円で買えます。 国内でのUltimateは、38,800円。東京-北京往復の航空券は、往復4万円前半から。
      フライト時間も4時間弱。徹夜でならんでいるうちに行って帰ってこれます。

     海賊版を日本に持ち込むと、税関で没収。たくさん持ち込むと逮捕される可能性もあります。

    NokiaがWindows 7搭載PC発売

     NokiaがWindows7搭載のNetbookを発売 します。AT&TのW-CDMA(HSPA)に対応しており、AT&Tの3Gサービス(2年縛り)加入で、 299.99ドルです。

     詳細スペックをきっちり語っていませんが、発表されたアバウトなスペックは以下の とおりです。
    • CPU:Intel ATOM
    • ディスプレイ:10.1インチ、
    • バッテリー駆動12時間
    • 重量:1.252Kg(2.76ポンド)
    • 厚さ:2cmチョイ(slightly more than 2cm)
    • その他:
        • 無線LAN(Wi-Hi)
        • カメラ搭載
        • HDMIビデオ出力
        • SDカードスロット
        • Bluetooth
        • アルミシャーシ
     発売は、Best Buyを通じて全米で。発売日は未定。
     FCCの認定もこれからで、「認定が取れなければ発売しません。」 と注意書きもあります。

    Windows 7でWiMAX快調

     UQ WiMAXをWindows 7 RTM版で使ってみました。問題無く動作しています。

     UQ はWindows 7対応を表明していますが、現時点ではまだ未対応。
     ですが、試しにつかってみたら、問題無く動作しています。

    • 使ったのはD01OKAというUSBタイプ。
    • ドライバは、D01OKAの中に入っており、USBポートに差すと自動でインストール開始。
    • 「作成元の信頼性が確認できませんがインストールしますか?」とか
      「このWindowsには対応してませんが、インストールしますか?」といった類のメッセージが出るが、気にせず「インストールする」を選択し強行。
    • 何回も出るが、そのつど強行。
    • 再起動を要求してくるで、再起動。
    • ところが、シャットダウン中にハング。
    • しょうがないので強制停止して、通常起動。
    • 再起動後も「xxxxですが・・・」と何回か聞いてくるので「インストールする」を毎回選択。
    • すると、無事完了。
    • デスクトップにUQのアイコンができている
    • クリックすると、自動接続が開始され、パッとつながってします。
    • メニューから「アップデート」を選択するとWiMAX経由でドライバアップデートを自動実行。
    • 再起動要求もなく、アップデート完了。
    • バージョンは以下のとおり。
        ドライバ Ver.1.28.0
        ファーム Ver.1,7.6.4
        ユーティリティ Ver.01.08.0002
        つかったWindows 7は、Enterprise 正式版です。
    電波が「非常に弱い」と「弱い」の間で速度は3Mbpsくらい。
    このブログはWiMAX経由で書いています。
     マイクロソフトが、無料セキュリティ対策ソフトのベータ版をリリースしました。

     「Microsoft Security Essentials」は、ウイルス、スパイウェア、rootkit、 Rootkit、などの様々マルウェア対策機能を持っています。ただし、、ファイアウオール機能や、スパム対策、URLフィルタリング機能、バックアップ機能、などはありません。
     Windows XP SP2/SP3, Vista, Windows 7に対応しています。

    Windosw 7 OEM版は55%OFF

     Windows 7のOEM版価格がNewegg.comに出ています。
     ハードとセットで売られるOEM版だとパッケージ版に比べ45%から55%OFFになっています。
    • Windows 7 Home Premium:  $199.99 が $99.99, 50% off
    • Windows 7 Professional:   $299.99 が $134.99 55% off
    • Windows 7 Ultimate:      $319.99が $174.99 45% off
     Newegg.comで現在予約受付中なのは英語版です。
     日本語版Windows Vista UltimateのOEM版はパッケージ版のほぼ半額でしたので、Windows7のOEM版も同じ水準です。
     日本語版Windows 7 OEM版はFDドライブなどとセットで、パッケージ版の半値で販売されそうです。Ultimateが¥ 24,000前後で予約受付しているショップが多いようです。
     パッケージ版は、日本のAmazonで、Ultimate が¥ 36,666、Ultimate Upgrade版が¥ 25,326です。

      

    UQ WiMAXが、Windows 7対応へ

     UQがいち早くWindows 7対応を表明しました。

     UQのWindows 7対応機種は、USB TYPE、PCMCIA CARD TYPE 、EXPRESS CARD TYPE、GATEWAY TYPEなどです。
     これらの他に、現在12種のWiMAX搭載ノートPCがありますが、 これらのPCのWindows7モデル発売時にはWindows 7搭載PCのWiMAX対応も表明されるはずです。

     Windows 7の発売は、10/22ですが、一部PCベンダーからのWindows 7搭載PCの一般向けの販売が、10/13には開始されるというニュースもあります。
     すでにTech Netでは8/12から、法人向けボリュームライセンスは9/1から、発売され ています。  
     このように、Windows 7のリリースが実質的に始まっている現状があるので、UQ WiMAXは、他社に先駆けてのWindows7対応を発表したのだと思われます。
    Windows7のインストールは最悪20時間かかるそうです。
    Micorosoftが、IT WORLDに語った内容が記事によると、
    • クリーンインストールは、 27分から46分
    • Vistaからのアップグレード 最短84分、最悪だと20時間、期待値は1時間24分
    だそうです。
    ホームパーティを開いて 、「Windows 7発売おめでとう!」とお祝いをすると、 「Windows 7 Ultimate」が無料でもらえるそうです。

     パーティーの開催期間は10月22日から29日(のうち1日)で、事前登録が必要。 http://jp.houseparty.com/splash/windows7jp/ で登録ができます。

    もらえる、Windows 7 Ultimateは、「署名入りエディション」らしいです。
    どんな署名 かは謎。 ほかにも「Windows 7 パーティーグッズ」ももらえるそうです。どんなグッズかは もっと謎。

    マイクロソフトの餌に釣られて見ますか? マイクロソフトが、XPから7へのの優待アップグレードを発表したことに対して、 「マイクロソフトが投げてくる餌は、マイクロソフトへ投げ返せ!」 なんてノリのブログも多いの、 「Windows 7発売おめでとう!」とかやってると影で ヒンシュクを買うかもしれません。 ま、刺されたり、会場に爆弾が投げ込まれるようなことは無いでしょうが。

    Windows 7 RTM版快調

    Windows 7正式版を入手してインストールしました。

    インストールしたPCは、ThinkPad T41
     CPU:Intel Pentium M プロセッサ 1.4GHz
     MEM 1G
     HDD      30GB (9.5mm, 4200rpm)
     Chipset:Intel 855PM
     Graphics:ATI Mobility Radeon 7500 (AGP 4X) 
           解像度 1,024x768ドット
    です。

    インストール:
     インストール時のトラブル無し。特別な「おまじない」も必要なしでした。

    RADIONドライバ追加
     標準では、ATI Mobility Radeon 7500を標準VGAとしか認識しないので、
     ATI Mobility Radeon 7500用ドライバをダウンロードしてインストール
     しました(Windows Updateでも探してきてくれません)。
      ドライバは、http://k1dugar.110mb.com/~downloads/atiixpag.zipを使いました。
     これでグラフィックスのパフォーマンスが標準VGA時の1.0から1.9にアップ
     ただし、ゲーム用グラフィックは1.0のままなので、最低スコアは1.0のまま
     ですが、快適です。
     Office 2007、Firefoxなどを使う非ゲーム用PCとしては快適です。

    無線LANドライバ
     内蔵ワイヤレスLANを認識せず。有線LANでつないでWindows Updateで認識。

    HDDの消費量
     古いOSがあるとwindows.oldに退避するのでHDDを消費します。
     パーティションを切りなおしてクリアすると10GBのパーティションでもOK。
     HDD使用量はOSだけだと7GBです。

    Windowsの機能限定

     Windows 7では、IE8などアプリをOSから簡単に切り離せるようになるそうです。
     MSのブログによると、切り離せるのは、以下のアプリです。
    • Windows Media Player
    • Windows Media Center
    • Windows DVD Maker
    • Internet Explorer 8
    • Windows Search
    • Handwriting Recognition (through the Tablet PC Components option)
    • Windows Gadget Platform
    • Fax and Scan
    • XPS Viewer and Services (including the Virtual Print Driver)
     ユーザが、以下のソフトを「使う(ON)/使わない(OFF)」の設定を選択できるようにするそうです。
    2  

    最近のブログ記事

    ドコモからリムーバブルeSIM
    h2{ font-size:120…
    ドコモ3.5GHz帯で788Mbps
    ドコモが3.5GHz帯と1.7GHz帯…
    AT&TがeMTCでIoT対応
    h2{ font-size:120…
    カスタム検索