タグ「端末」が付けられているもの

ウェアラブル携帯電話発売

GSM対応の腕時計 型携帯電話端末発売 されました。

日本でも腕時計型のモバイル端末は発売されたことがあります。

  • ドコモの腕時 計型ケータイWRISTOMO
  • ウィルコムの 「スーパーワンセグTV Watch 」-腕時計型
  • EPSONの腕 時計型PDA
  •  腕時計型の情報機器は数えればきりがありません。売れなくても、忘れたころにどこかの誰かが新発売するのは、 腕時計型モバイルに端末が永遠のテーマだからなのかもしれません。
     ウエアラブルコンピュータを求めての先駆的模索ということでしょうか。

    クラウド専用端末とOneApp

     クラウド専用端末をHPが発売 しました。

     クラウド専用端末とは、シンクライアントから RDP(Remote Desktop Protocol) や、ICA(Independent Computing Architecture) といったサーバとの接続プロトコルを削り、WEBクライアントに特化して、 RIA(Rich Internet Applications) 用にFlash, Adobe Reader, Java, NET Framework, DirectX, OpenGLなどを搭載したPCのよ うです。

      クライアント機能を絞り込んで、WAPブラウザしかない携帯でもRIAが使えるようにし たのが、マイクロソフトのOneAppです。 サーバはクラウド前提なので、WAP端末(携帯)がクラウドの端末として機能しま す。 OneAppも、HPの クラウド専用端末も、WEBクライアントを使ったクラウドサーバでのサーバサイ ドコンピューティングという点は共通です。
     UQ WiMAXと au 両対応のデータ通信端末(USB型、カード型)が発表されました。
     主な機能は以下のとおりです。

    WiMAX と CDMA間をハンドオーバー
    • 通信をCDMA方式からWiMAX方式へハンドオーバするらしい
    • どちらも圏内ならWiMAXを優先的に選択
    • 設定でCDMA専用モードにするとCDMAだけにもできる
    • 通信に配慮しつつ、より高速の方式を選択するようです
    WiMAX と CDMA(EV-DO Rev.A, Rev0, 1x)に対応
    • WiMax圏内だと下り40Mbps/上り10Mbps
    • Rev.A圏内だと 下り3.1Mbps/上り1.8Mbps
    • Rev.0圏内だと下り2.4Mbps/上り144kbps
    • 1X圏内だと   下り 144kbps/上り64kbps
    対応OS
    Windows XP, Vista, Windows7,Mac OS Xに対応
    ドライバは、自動的にインストーラがインストール
    端末タイプ
    USBタイプと、Express Cardタイプ
    端末のLEDについているLEDで接続先が、WiMAXかCDMAかがわかる
    プライベートネットワーク接続
    法人ユーザ向に、接続先限定機能 イントラネット網へリモートアクセスサービス接続CPAに対応
    発売時期
    12月以降
    端末の価格
    オープン価格
    通信料金
    定額も従量も両方あるそうだガ、別途発表とのこと。
    KDDIがUQのMVNOとなっているので、UQと契約する必要なし。
     一生使い放題のPeek社のサービスが新登場です。1回だけお金を払えば一生使い放題です。

     使い放題の定額サービスは星の数ほどありますが、月額固定ですので、毎月料金を払います。
     しかしPeekのサービスは、$299を払うと、メール5アカウント、Facebook, PeekMaps, PeekFeed, Twitter, weather and news feedsなどのサービスが一生使えるそうです。
     アマゾンでも販売されています。 なお、Peek Prontoという端末は、モバイル端末ですが、ほぼメール専用端末なので、通話機能などはありません。

     携帯買ったら一生使い放題というような時代がいずれやってくるのでしょうか。
    本物の木をボディに使った携帯電話をドコモが発表しました。
    今は試作機ですが、商用化前提の試作だそうなので、そのうち発売されるでしょう。

    NEC/カシオ/日立が携帯電話機事業を統合する。
    目標は海外進出。海外比率15~20%(08年)を3年後に50%にすることが目標。
    まずは、2012年度の目標1200万台の出荷台数のうち,500万台は海外にしたいそうだ。

    海外進出のためには、日本独自仕様の携帯電話を作っている場合ではなくなる。
    端末の仕様は世界標準仕様になり、日本仕様は日本語のマニュアルくらいになってしまうだろう。世界で売っているBlackberryの端末に日本仕様はない。

    PDA健在!

    CASIOが「業務用PDA」を発売しました。
    http://www.casio.co.jp/release/2009/dt-5300.html

    おもしろいのは、Mifareに対応していることです。
    ICカードとしてはFeliCaが有名ですが、Felicaの世界シェアはわずか7%しかありません。
    海外ではMifareが8割以上のシェアをもっています。
    世界のデファクトになっているMifessに対応しいるのは、国内では珍しいかもしれません。

    その他には、OS:Windows Mobile 6.5 搭載、落下強度1.5m、防塵・防滴性能などが特徴のようです。
    Windows Mobile 6.5搭載は珍しくなく、防水や落下耐性などもauのE05SH等で実現されています。

    スマートフォンの登場で新種が生まれることはないと思われたPDAの新製品が発売という点が一番珍しい点です。
    今やHPがiPAQをPDAと呼んでいまるだけで、かつてのPDAの雄であったPalmはPreをPDAとは呼んでません。

    ところで、PDAが業務用ってどうなんでしょう。PDAのPって、Personal。辞書で引くと「Persona=個人的。私的」とか出てきます。
    業務用の個人的、私的 Digital Assistantってなんなんでしょう。

    Androidゲーム機

     Android携帯は、話題先行であまり姿を見かけませんが、Andoroidベースの携帯ゲー ム機が出ました。

     作ったのは、Hardkernel http://www.hardkernel.com/スペックは、 CPU: ARM Cortex A8 ベースのCPU iPhone 3GS並み?とか画面は3.5インチ 320 x 480とかHardkernelのサイト載ってま す。

     対応ゲームソフトも、同社のサイトに乗っています。見てガッカリしてください。
    PS3やXBOXの新型とかも出てくるけど買う気にならないのは、やりたいゲームが無いから。 このAndroid端末のゲームはもっと魅力無しです。

     月額基本料金払わないで済むAndroid端末が欲しい人は、買うかも知れませんね。 しかし、搭載しているOSが最大のセールスポイントというゲーム機はどんなもんで しょうかね。<・p>

    NokiaがPC販売

    NokiaがPCを売り出すそうだ。

    Nokiaなんだから、OSは、Symbian(S60)を搭載? と期待したけど、Windowsだそうです。
    携帯屋さんのPCなら、CPUは、Qualcomm? Motorola?と期待したけど、Intelだそうです。
    名前は、Booklet 3G

    • 画面は Display:10インチ、1280 x 720 pixels
    • CPU: Intelの Atom Z530  1.6GHz
    • OS:Windows 7 Starter Edition、Home Premium、Professionalのいずれかを選択
    • メモリ:1Gバイト
    • HDD:120Gバイト
    • 通信は、WiFi(802.11 b/g/n) 、Bluetooth、3G携帯通信モジュール(A-GPS対応HSPA )
    • サイズは264×185×19.9ミリ
    • 重さは1.25キロ
    • バッテリー駆動時間は最高12時間
    •  加速度計
    • ボディは、アルミボディ
    • HDMI出力、SDスロット、ウェブカメラ130万画素
    そう、ただのNetBookです。
    電池の稼動時間が12時間と長めなのが特徴といえば特徴。
    いまさら、さしたる個性のないNetBookを売り出すなんて、
    Nokiaはだいぶ追い詰められているのでしょうか。

    そういえば、Nokiaの携帯電話機の売り上げは低迷。
    日本では携帯を一般向けに販売することをやめ、銀座のNokiaショップで1台500万円もする
    高級携帯だけを売っている。

    自動車並みの価格の高級携帯を売りながら、携帯契約とセットなら100円で売られるNetbook
    を売るなんて・・・・ 迷走?

    なおこのPCは、Nokiaブランドですが、Made in Taiwanです。台湾の鴻海精密や仁宝電脳が、生産を受託するようです。
    「Windows Mobile 6.5」搭載のケータイが10月6日販売開始だそうです。

    マイクロソフトは、「Windows Marketplace for Mobile(モバイル端末向けのアプリ販売/配布サービス)」も(Apple Store をまねして)開始するそうです。
    無料データ同期サービス「My Phone」も「Windows Mobile 6.5」搭載ケータイ発売に合わせて開始するとマイクロソフトアナウンスしています。

    「Windows Mobile 6.5」搭載ケータイは,Acer,High Tech Computer (HTC),LG電子,Samsung,Sony Ericsson,東芝,HPが製造し、NTTド コモ,ソフトバンクモバイル,ウィルコム,SK Telecom,Telstra,AT &T,カナダBell,Sprint Nextel,TELUS,Verizon Wireless,Orange,Deutsche Telekom,Vodafone Group,TIM Brazilなどが対応するそうで
    す。

    Windows Mobile 6.5は、UIのマイナーアップデートのみ。売りは新レンダリング・エンジンを搭載した「Internet Explorer Mobile」「Adobe Flash Lite」対応くらい。
    メジャーバージョンアップは、来年の「Windows Mobile 7」

    なお、「Windows Marketplace for Mobile」の開始に向け,現在アプリ ケーションの登録受付中(My Phoneは現在ベータ版サービスを運営中)です。
    NEC+カシオ+日立が携帯端末事業を統合します。
    携帯端末の2008年度の国内シェアは、
        21.6% シャープ
        16.8% パナ
        11.9% NEC
        10.1% 富士通
         8.4% ソニエリ
         7.4% 東芝
         5.3% 京セラ
         4.8% カシオ
         3.7% 日立
         2.2% アップル
    NEC+カシオ+日立3社が合体すると、20.2% で2位になります。
    世界でみると世界シェアトップ10に入っている日本企業は、
        38.6% Nokia
        16.2% Samsong
         8.3% LG
         8.3% Motorola
         8.0% SONY-Ericsoon
         1.9% RIM(Blackberry)
         1.4% 京セラ
         1.1% Apple(iPhone)
         1.1% HTC
         1.0% SHARP
    であり、5位のソニエリ、7位の京セラ、10位のシャープのみ。
    カシオ、日立、NECは世界シェア1%以下なので、世界市場で生き残るためには、統合は自然な流れかもしれません。
     となると、東芝、富士通が微妙ですね。

    SATA 3.0

    SATA 3.0のカードが販売されているそうです。
    Intel の新CPU対応の Intel P55 Express 搭載マザーに同梱とのこと。

    で、SATAの転送速度向上を振り返ると
     2001年 1.5Gbps「SATA Revision 1.0」
     2004年 3.0Gbps「SATA Revision 2.0」
     2009年 6.0Gbps「SATA Revision 3.0」
    と2倍づつ増えています。
    3.0対応のデバイスは来年発売だそうです。
    やや値段の高いNetBookが、SATA Rev3.0 対応のSSD搭載して発売されるかな?
    スピード重視でWiMAXとかもあったりするのか・・・

    USBも高速化して世代が上がるごとに10倍以上高速化しています。
     1996年  12Mbps   USB 1.0
     2000年 480Mbps USB 2.0
     2008年 5Gpbs    USB 3.0
    USB3.0対応PCは年末頃発売らしいです。
    USB3.0対応の携帯端末は出てくるのだろうか。
    来年のスマートフォンとかはUSB3.0搭載してくるでしょうね。
     Maemo 5.0を搭載したNokia N900が出ました。http://maemo.nokia.com/n900/

     N900は、Smart phoneでもなく、NetbookでもないInternet Tabletの新型です。
    Maemoは、Symbian(S60)でもなく、Windows Mobileでもなく、Androidでもなく、LinuxをカスタマイズしたNokiaのOSです。http://maemo.nokia.com/

     モバイルデバイスのカテゴリーを創造するのが流行っているようです。
     Nokiaは、Internet Tablet というカテゴリーを定義しました。その最新製品が、N900。
    UMPC:Ultra Mobile PC、 MID:Mobile Internet Device、PCD:Pocket Computing Device、MCD:Mobile Computing Device、NetTOP など各社が様々なカテゴリーを定義しています。
     みんな、ノートPCとケータイの中間のモバイル端末のことです。

     新しいOSを作るのも流行っています。
     AndroidやLiMoは、Maemo同様Linuxの子孫、Blackberry OS, Chrome OSなどもあります。

     SHARPは、ノートPCとケータイの中間のモバイル端末を作りLinuxベースのOSを載せて発売しましたが、NetWalkerという製品名を付けただけで、端末のカテゴリーを新たに作ったり、OSに新たな名前をつけたりしていません。

     混沌のなかから何が生まれてくるのでしょうか。

    幹細胞コンピュータ

    Zii EGG という幹細胞コンピュータが発売になります。
    発売するのはクリエイティブ
    http://www.zii.com/Technology/StemCell.aspx

    英語名は、Stem Cell Computer。Stem Cellは幹細胞なので、幹細胞電脳です。
    でも、バイオコンビュータではありません。

    幹細胞は、何にでも変化できる細胞。減筋肉、神経、臓器などに必要に応じて変化します。
    世界で始めて、京大・再生医科学研究所の山中教授ら、iPS細胞を作った話は有名ですが、
    iPS細胞とは、induced Pluripotent Stem Cells(人工多能性幹細胞)です。

    ということで、クリエイティブが発売する幹細胞電脳とは、様々な用途向けの専用
    デバイスとして機能するプロセッサを、たくさん搭載したコンピュータです。

    中心は、デュアルARMコアのCPUです。これと同じチップの上に、ペリフェラルとして
    Flexible StemCell Media Processing Arrayを備えているそうです。
    このアレーを構成する24個の floating-point processorは、8GFLOPS(Pentium II
    400Mの20倍)の演算能力をもっているそうです。

    この幹細胞Zii EGGの対応OSはAndroid, Plaszma OSなどだそうです。

    IntelのCore i7 はHT対応コアを4つ載せているので、Windows からみると8CPU搭載に見えます。
    Zii EGGは、2+24CPU搭載に見えるのでしょうか。
    1台でクラウドコンピューティングができてしまう?

    この他にもZii EGGは、10点マルチタッチ画面なんてのもついてます。
    数は多いほうが良いという思想で作っているわけではないでしょうが、
    指10本使ってマルチタッチしたら、本体持てませんよね。

    ULCHで脱ガラパゴス?

    低価格PC用のパーツがいくつか発表されています。
    $150以下のスマートフォン用パーツby Qualcomm
    超低価格携帯用パーツby Infornion >
    超低価格用携帯とはULCH(Ultra Low Cost Handset)というカテゴリーの携帯電話です。
    2G(GSM)で始まったULCHが、3Gではよりシェアを拡大しそうです。

    家電にも通信モジュール

     携帯から写真を「TV」や「写真立て」に直接送るサービスが、年度末にいくつか始まります。電子メール受信可能な写真立ては従来からありましたが、通信モジュールを内蔵し、インターネット回線を必要としない写真立ては、見かけませんでした。
     通信モジュール内蔵のネットワーク家電が増える兆しでしょうか。

    PIN+ (通信モジュール内蔵のユビキタス写真立て) 4月から
    携帯から通信モジュール内蔵写真立てに、直接写真を送る。受信側にインターネット不要。
    インターネット回線とか、無線LANなどは影も形もない、お年寄りだけの実家でも、携帯圏内なら即利用可能。全部設定して、動作確認をしてから宅急便で送るのも良いかも。
     東芝がスマートフォンTG01を発表しました。そこでTG01が世界初の採用となるSnapdragonについて少々。

     まずはToshiba TG01です。 、
    仕様
    • 薄さ:9.9mm(iPhoneは12.3mm)
    • OS:Windows Mobile 6.1
    • 画面:4.1インチWVGA (800 x 480)タッチスクリーン
    • 通信:HSDPA、WiFi
    • カメラ:320万画素
    • その他:GPS、SDHC対応microSDスロット、USB I/F
     公式プロモーションビデオもあります。
      当初は欧州向けで、国内発売は夏モデルとしてW-CDMAの会社からiPhone対抗製品の位置づけ発売という噂。この記事 のスマートフォンがTG01の日本版らしい。
     Snapdragonを世界で初めて採用ということで、Snapdragonです。

    スマートフォンの利用動向

     スマートフォンのおかげでゲームのダウンロードが前年比4倍!だそうです。
    comScoreの調査によれば
    • スマートフォンユーザのダウンロード数は、291%(ほぼ4倍)の287万ダウンロード
            08年11月と07年11月比較
    • スマートフォンユーザを含む全モバイルユーザによるゲームダウンロード数は17%増
            08年11月と07年11月比較
    • 昨年11月にゲームをダウンロードしたモバイルユーザの34%がスマートフォンユーザ
     まるで、スマートフォンはゲームマシンだと思えてしまう調査結果です。
     モバイルユーザが何をしているかを調べた結果も掲載されていました。

    新しいケータイの形

     「007/慰めの報酬」(24日公開、007シリーズ22作目)の観客動員数が良い感じのようです。

     モバイルギアも小型化・高性能化して、007が使いそうな製品や、007以外は使いそうもない製品がいくつか出てきています。そんな、モバイルギアを眺めていると、新しいケータイの形が見えてくるような、錯覚においちいります。
     そんなファンシーな製品を、いくつか紹介します。

    Bluetooth内臓サングラス
    (マイク・スピーカ内臓)
    trispecs.gif
    マイクはサングラスのツルの中に内臓されているので、外見上その存在が、わかりません。左の付け根には通話・音量小・音量大の携帯電話用ボタンも詰め込まれているそうです。
    このサングラスを携帯電話とBluetoothで接続して通話している状況は、独り言を言っている危ない人状態確定です。しかし、サングラスで顔がかくれているので、本人は意外と恥ずかしくないかも。
    連続7時間通話、スタンバイなら70時間、価格は$199.99~。
    TRISPECS社 からの発売です。

     VAIO Type P が発売になりました。なかなか良好です。液晶画面の視野角が狭く、画面(蓋)を開く確度をが少しずれると画面が急に暗くなること、崖っぷちにあるスティックポインターのクリックボタンが押しにくいこと、OSの起動が遅い(*1)ことを除いて、小さなサイズと高機能はインパクト大です。
     で、VAIO Type Pは、NetBOOKか?という議論に一石を投じるために、、NetBOOK, NetTOP,PCDなどの定義を並べてみました。

    Intelの定義
    • MID】Mobile Internet Device:4.5インチ以下のディスプレイ搭載端末
    • UMPC】Ultra Mobile PC:5~7インチディスプレイ搭載端末
    • NetBook】:12インチ以上のディスプレイ搭載端末
    Microsoftの定義
      1 2 3  

    最近のブログ記事

    Chrome,電池消費低減を目指す
    h2{ font-size:120%…
    スマートiPhone ケース
    h2{ font-size:120%…
    5G仕様を半年前倒し
    5Gでの高速大容量通信「eMBB:Enh…
    カスタム検索