タグ「WiMAX」が付けられているもの

昨日の日経新聞によると、ドコモが今年度内にLTE基地局を1000局開設するそうです。
報道されている内容は以下のとおりです。

  • 通信速度:
    37.5Mbps(たぶん下り最大)。
    3年後には100Mbpsへ
  • 端末発売時期:
    2010年12月:カード型端末発売
    2010年内:電話型端末発売
  • 基地局数・投資額:
    2010年度内:1,000局
    2011年度投資:費用は350億円
    今後3年間で3400億円投資
350億円を1,000局で割ると、単純計算で1局あたり3,500万円です。
今後3年間に3400憶円投資するそうですので、1局3500万だとすると基地局数は1万。ドコモの基地局の1/4程度がLTE対応ということになります。
首都圏11鉄道20駅で、モバイル網(WiMAXまたはHSDPA)を使ったデジタルサイネージが実験で、「顔認識システムを活用した効果測定(オーディエンストラッキング調査)」をするそうです。

ディスプレイの広告を見ている人をカメラで撮影し、広告の前を通った人数広告を見た人数性別推定年齢を測定するとのこと。
WiMAX対応iPodケース「4G CASE」を、米Sprintが販売しています。
Sprint のWiMAX対応Wi-Fiルータ Over Drive をiPadサイズのケースにバンドルしただけのものです。
UQがWiMAXルータWM3300Rと iPad収納ケースをセットにして販売するようなものです。

普通ならスルーする様な製品ですが、SPRINTが「4G CASE」 は、3Gより10倍高速!と宣伝して売っているのでフォローしてみました。
IEEE802.16mベースで最大1GbpsのWiMAX実現を目指すフォーラム「WiMAX 2 Collaboration Initiative (WCI)」 が発足しました。

メンバーは、Intel, Motorola, Samsung, Alvarion, ZTE, Beceem, GCT Semiconductor, Sequans, XRONet, ITRI です。

UQコミュニケーションは、現行の802.16eベースのWiMAXを802.11mにアップグレードする決意と、WCIへの期待を表明しています。
BussinessWireに掲載されたUQの渡辺CTOの発言は以下のとおりです。
"UQ is very pleased with the creation of the 802.16m Collaboration Group. UQ believes WCI will contribute to accelerate build up of the 802.16m ecosystem. UQ has a strong intention to upgrade its network to 802.16m to provide an even higher level of mobile broadband services to our customers," said Dr. Fumio Watanabe, CTO of UQ Communications, Inc."
UQは、「端末はIEEE802.16mと従来のIEEE802.16eの両方をサポートさせる予定」との報道もあります。
802.16mは、802.11eと上位互換であり、混在も可能なので、UQ WiMAX 45Mbpsが、802.16mでさらに高速化するのは確実なようです。

WiMAXフォーラムは、WiMAXのさらなる高速化を前倒し、2011年後半のリリース2製品の認定に向けて準備をすることを4/08に発表しています。

UQ WiMAX基地局数、8000超え

UQコミュニケーションのWiMAX基地局数が、8,158になりました。
この数は、12ヶ月前のE-mobile基地局数と同じです。

WiMAX対応Android携帯デビュー

WiMAX対応携帯電話をSprintが発表しました。

WiMAX+Wi-Hi 無線LAN親機
WiMAXと接続しつつ、Wi-Fi対応機器 を最大8台を接続可能な無線LAN親機(アクセスポイント)として機能します。
この機能かなり便利そうです。
同様な機能を持つイー・モバイルの「Pocket WiFi」は、Wi-Fi機器を最大5台まで接続可能。

昨日もSamsungのGalaxy Sが発表されるなど、スマートフォンの新種は続々と登場します。しかし、WiMAX対応で、無線LANのアクセスポイントになる機種は、珍種です。

WiMAX+CDMA2000
WiMAX対応携帯 EVO 4Gは、Sprintの4G WiMAXと、CDMA2000 / EV-DO Rev. Aの両対応です。
Sprintの4G WiMAXは、IEEE802.16e - 2005 なので、UQコミュニケーションと同じです。CDMA2000はKDDIと同じですが、周波数帯が違います。

WiMAX基地局でNEC頑張る

UQに納入するWiMAX基地局 PW-BS202 諸元
周波数帯 2.5GHz~2.6GHz
帯域幅 10MHz
チャネル数 2
送信電力 10w×2
アンテナ 2Tx、2Rx
MIMO MatrixA、MatrixB
消費電力 277W typ
サイズ(mm) 500×345×157(25リットル)
重量 24kg
NECが大同電信(大同)に納入したWiMAX基地局200台が稼働開始したそうです。

NECのWiMAX基地局は、UQ も採用しました。UQは、NEC製基地局を、サムスン電子製の基地局設備と併用します。

NECは、タイでもモバイルWiMAXシステムを受注しており、イギリス、フランス、スペイン、サウジアラビア、ラトビア、フィリピン、ロシア、ベトナム等でトライアルを実施中のようです。

台湾のWiMAX
台湾にはWiMAX事業者が大同を含め5社あります。
  1. 全球一動(Global Mobile)社
  2. 威達有線テレビ社
  3. 威邁思電信(VMAX)社
  4. 大同電信(Tatung)社
  5. 大衆電信社の5社
台湾政府も、 M-Taiwan 計画にWiMAXに取り組んでおり、台湾全土をWiMAXで埋め尽くそうとしているようです。
どうやって埋め尽くすのか不明ですが、VMAXが、タクシー6000台にWiMAX端末を導入し、乗客が使える端末を社内置いて Mobile Internet Cafe をやっています。


UQのブースにあったWiMAX屋外基地局。NEC、サムスン電子、日立製作所(右はじ)
遅延とジッタが測定できるブロードバンド速度測定サイトhttp://broadband.gov/をアメリカか政府(FCC)がアップしました。
で、さっそく測定してみました。

FTTH-無線LAN接続では、
  • RTT:139msec
  • ジッタ; 3msec
WiMAX接続(電波はアンテナ1/5本)では、
  • RTT:258msec
  • ジッ タ; 63msec
という結果でした。

WiMAX端末出荷は147%

2009年のWiMAX端末出荷数は、2008年比で147%増だったそうです(ITWorldの発表)。

2009年のWiMAX加入者は、350万加入増えたとのこと。モトローラは140万端末を売り、WiMAX用チップセットを販売してBeceemは1社で300万個出荷したそうです。

LTEとWiMAX間ローミング

 LTEとWiMAXの両方をサポートしLTEとWiMAX間でローミングできるチップ「 BCS500 4G chip」がリリースされました。Beceem CommunicationsとMotorolaが、開発したとBeceemが発表しています。

 BCS500 チップがサポートするのは
  • WiMAX 16e  (UQが採用し40Mbps接続提供中)
  • WiMAX 16m (UQが2012頃導入予定。)
  • TDD-LTE  UE Class 4(最大150Mbps)
  • FDD-LTE  UE Class 4(最大150Mbps)
  • LTEとWiMAX間ローミング・ハンドオフ

LTEに挑むWiMAX

 米SprintがWiMAXを使った次世代携帯電話(音声通話ができるハンドセット)を出すようです。

 以下のような計画をもっているようです。
  1. Sprintの子会社ClearwireのWiMAX網を1.2憶人をカバーできるように拡大。
    • 現在の27都市3千万人をカバーするWiMAX網を、年末までに、人口カバー率40%程度にする。
    • 数週間以内に、Houstonをカバーする。
    • 年末までにNew York, San Francisco,Boston, Washington などをカバーする用拡大し1.2憶人をカバーする。
  1. CDMA2000とWiMAXのデュアルモード携帯電話(音声通話ができるハンドセット)を本年上期に発売
  • WiMAX圏外はCDMA2000を使用
  • OSはAndroid
  • 製造はHTC

UQ WiMAX基地局7000超え

 UQ WiMAXの基地局が7000局を超えた模様。
 WiMAX,3G,WiFiの3方式のトリプルローミングAndroid端末をNECが10月に発売予定とITProの記事にでていました。

UQの基地局増設続く

 UQのWiMAX基地局数が、一部地域でEモバイルを抜いたようです。

 東海総合通信局管轄の岐阜、静岡、愛知、三重、中国総合通信局管轄の鳥取、島根、岡山、広島、山口でE-mobileを上回り、沖縄総合通信事務所管轄では差は数局程度、四国総合通信局管轄の徳島、香川、愛媛、高知でも差は20局程度になっている模様

 関東総合通信局管轄区域:茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨ではE-mobileの基地虚数の8割まで到達している。
 米SPRINTが、WiMAX対応のAndroid携帯を発売するとの噂をあちこちのサイト( ZD Net, IT World, Compuer World) informationweek, , , , , ) でとりあげています。
 UQが、WiMAXの小電力レピータ免許をもらえることになりました。

 UQのレピータ免許申請によると、最大運用数:163,000局となっています。
 一方、UQの基地局の免許申請は、最大4,936,000局となっています。UQの基地局数は12月上旬で5500局を突破しており、8700局のE-mobileの10倍のペースで基地局が増加し続けているので、半年程度で逆転する勢いですが、500万には当分到達しそうにありません。

 小電力リピータは携帯でも使われており、小電力リピータは携帯でもつかわれており、その数は、合計で64万局を超えています。
800M 1.7G 2G 合計
ドコモ 42,000 - 31,000 73,000
KDDI(au)       102,000 -
13,000   115,000
Soft ban - -
   413,000     413,000
E-mobile - 45,000 - 45,000
合計 
  144,000      45,000 457,000 646,000
 WiMAXのエリアを地下街、列車の中などに拡大する方向です。
 UQが小電力リピータをが総務省に包括免許申請をしています。
 オフィス、家庭内、地下街、ホテルロビーなどに拡大してゆくことが計画されています。免許が取れ次第、今年度内に設置を開始する予定だそうです。 

UQ WiMAが月額380円に値下げ

 UQ WiMAXの料金は、使い放題月額4,480円ですが、新メニューが追加されます。
 新メニューは月額380円で、上限は4,980円。
 一日だけ使い放題600円のメニューもありますが、380円なら使わなくても、非常時用に持っていても良いかも。
 
 UQのサイトには、今現在新メニューは掲載されていません。

12月18日追記
UQがニュースリリースしました(http://www.uqwimax.jp/news_release/200912173.html

UQ WiMAX基地局数2.2倍に

 UQが、基地局数5100局になったことを発表しました。UQのWiMAX基地局が5000局越え確実の記事を2日前に書きましたが、予想どおりです。

 ただ、「2009年度末における基地局開局予定数を6,000局に拡大する」と発表しているのは意外です。
 UQの基地局新設ペースは、月間数百局のペースで進んできました。このままのペースなら6000局まで残り900局ですから1~2ヶ月で達成できるレベルのはずです。
 年度末まで4カ月で、あと900局しか増やさないというのは、大幅ペースダウンです。
 今までの基地局増加ペースは、
 07月 約300局増加
 08月 約400局増加
 09月 約500局増加
 10月 約700局増加
 11月 約700局増加(20日間分、1か月換算だと1,000局増)

UQのWiMAX基地局増設が加速

 UQの基地局数が4,000局を超えました。毎週200局近いペースでの基地局建設が進んでいますので、間もなく5,000局になります。7月のサービス開始時の基地局数は2300程度でしたので、その数2倍以上になっています。
  1 2 3 4 5 6  

最近のブログ記事

カスタム検索